品川区の環境ポータルサイト

過去の講座を紹介します

環境情報活動センターでは、毎月2~3の環境学習講座を開催しています。リサイクル講座・木の実などを使ったクラフト講座・自然観察などのフィールドワーク・夏休み子ども講座・環境教養講座など、多彩な内容でお送りしています。 このコーナーでは、講座のレポートを掲載していきます。(過去の講座を紹介しますのトップへ戻る

気象予報士から学ぶ気象と環境

カテゴリ:平成30年度

投稿日:2018年08月17日

7月29日(日)、30日(月)、8月18日(土)の3日間、こみゅにてぃぷらざ八潮で、夏休みこども環境学習講座「気象予報士から学ぶ気象と環境」(講師:NPO法人気象キャスターネットワーク気象予報士の皆さん)が開催されました。様々な気象現象、地球温暖化、災害対策などについて、講義や実験、工作を通して学びました。

1日目:7月29日(日)「2100年 未来の天気予報」(4年生~6年生) 
講師:財目かおりさん

(1)2100年の天気予報
講義は、財目キャスターの2100年の天気予報の実況からスタートしました。あまりの内容に絶句!今地球で何がおこっているの?どうしてこんな悲惨な未来がやってくるの?という疑問が湧いてきました。

予想される未来の惨状の原因は地球温暖化です。100年後、地球の気温は、4.8℃上がると見込まれています。地球温暖化の原因は何でしょう? それは、二酸化炭素が増えるためです。二酸化炭素は熱を吸収する性質があるので、二酸化炭素が増えるとまわりの空気が暖まって気温が上がるのです。

(2)二酸化炭素の温室効果実験
二酸化炭素が増えると本当に温暖化するのか、実験をして確かめてみました。
赤外線を当てて過熱すると、5分後には、空気が11.6℃上昇したのに対し、二酸化炭素は12.4℃高くなり、二酸化炭素の方が熱くなりやすいことが実証されました。
二酸化炭素は目に見えないし、においもしませんが、二酸化炭素が増えると気温が上がるということを子どもたちは、目の前で起こった現象を確認して理解しました。

(3)沈水の危機にある南半球の島国ツバル
地球温暖化が進むとどんなことが起こるのでしょうか。
海の水が上昇し、このままではいずれ沈んでしまう運命にある南半球の島国、ツバルについての映像を見ました。講座を受けているみんなと同じ年頃の子どもたちがツバルで暮らしています。彼らを救うために自分たちは何ができるのか、講師の問いかけに真剣な表情で考える様子が見られました。

(4)風力発電実験
発電時に二酸化炭素を出さない再生可能エネルギーの活用は、重要な地球温暖化対策です。風で電気を作る実験に挑戦しました。うちわで仰いで風を起こしプロペラを回し、発電できたらオルゴールのメロディーが流れるというしくみです。しっかり風を送らないとはっきりしたメロディーが流れないので、仰ぐ係のお友だちは大変です。

(5)未来年表作成
未来年表は、自分の年齢、世の中のトピック、温暖化のトピックの欄からなっています。「2020年:世界で洪水と暴風雨のひがいがふえる」まさに昨今の災害を言い当てた内容です。その時々で自分は何をやっているかな?と未来を想像して書き入れます。お友だちと話し合いながら完成させていきました。温暖化のトピックの欄にはとっても厳しいことが載っていて唖然とします。「2050年:100万種以上の動植物が絶滅」「2100年:大型台風で東京が水没」など、衝撃的です。
未来を担うこの子たちの行動で地球温暖化を少しでも良い方向に導けることを願わずにはいられません。

(6)雲画像地球儀作り
世界規模で地球温暖化の危機を学んだ今回の講座の締めくくりとして、雲画像図を使って地球儀を作りました。

アンケートより(一部)
・ 10歳のこの時期に世の中のこと、未来のことをとても具体的に想像する時間を過ごせてよい体験ができたなと思いました。実験もVTRも興味深かったです。
・  気象予報士の方に教えていただきそれもテンションUPにつながったようです。実験がわかりやすく実体験としてとても良かったと思います。ツバルのお話も身近な事と感じられたと思います。
・  地球温暖化はなぜおこるのか、なにが原因なのかも詳しくわかり、自分たちが身近にできることも学べたので、参加して本当によかったです。

2日目:7月30日(月)「お天気ふしぎ発見!」(小学1,2年生と保護者) 
講師:川崎亜有子さん
     

(1) お天気クイズ
まず、お天気のクイズではじまりました。雲の名前、雨つぶの形、虹のしくみ、雷の音などを学びました。雲づくり実験、雷の音のする楽器を鳴らす、そして「雨粒の形はなにパンの形かな?」は保護者も参加してたいへん盛り上がりました。
 

(2)実験:外に出て放射温度計で温度をはかる
「ヒートアイランドとはなにか」、その原因、それを止める方法などたくさんの意見が出ました。そのあと外に出て、ビルのかべ、木のみき、日かげや日なたの地面など、いろいろな表面の温度を測りました。
     
実際に測った温度を表にして見てみると、緑を増やすことの大切さが、わかりました。 
(3)紫外線ビーズストラップの工作
 紫外線で色が変わるビーズのストラップを作りました。ビーズが日射しで何色になるのかワクワクします。 
            
アンケートより(一部)
・子供にわかりやすい説明と内容で楽しい講座でした。
・環境学習講座には今回初めて参加しました。ヒートアイランドの仕組みなど、低学年の子供も「面白かった」と言っていました。ペットボトルの雲作りなど、サイエンスショーのような場面もあり、子供を飽きさせない工夫がよかったです。
・雲のできるしくみは、こどもにもわかるような説明があればいいなと思った。
 
 
3日目:8月18日(土)「天気予報にチャレンジ」(3年生~4年生) 講師:山神明理さん

台風で延期となっていた夏休みこども環境学習講座「気象予報士から学ぶ気象と環境(7/28)」が8月18日(土)無事、開催されました。

(1)お天気クイズ
雲の名前や雨、虹のしくみなど、お天気のクイズではじまりました。台風や豪雨、竜巻、雷など注意すべき気象のことも学び、雲づくり実験、竜巻を作る機械なども体験しました。

(2)気象予報にチャレンジ
 低気圧と高気圧など天気図の基礎を教えていただいた後、「天気予報」に挑戦しました。3人の男子が立候補。台風の注意をお知らせするなど、自分でセリフを考えて言う事ができました。地理の知識も必要ですね。

(3)雲図鑑作り
 綿を使って様々な種類の雲を表現し、A4サイズの空の絵が描かれたシートにのり付けしていきます。雲の種類と高度の関係は見本と資料を見ながら確かめました。それぞれ違う自分だけの雲図鑑になりましたね。
 
アンケートより(一部)
・すごくよかった。くもをつくるペットボトルがびっくりした。色な形の雲があってもっと知りたいと思った。名前の意味もわかってよかった。
・子どもたちにわかる天気、気象の知識を学べたので、天気の事もより一層興味をも持ってくれると思います。

カテゴリ:平成30年度

投稿日:2018年08月17日