品川区の環境ポータルサイト

過去の講座を紹介します

環境情報活動センターでは、毎月2~3の環境学習講座を開催しています。リサイクル講座・木の実などを使ったクラフト講座・自然観察などのフィールドワーク・夏休み子ども講座・環境教養講座など、多彩な内容でお送りしています。 このコーナーでは、講座のレポートを掲載していきます。(過去の講座を紹介しますのトップへ戻る

あかりの省エネ対策とLEDで光るクリスタル風ケース作り

カテゴリ:平成30年度

投稿日:2018年07月12日

 平成30年6月17日(日)、環境学習講座「あかりの省エネ対策とLEDで光るクリスタル風ケース作り」が開催されました。講師は照明コンサルタントの小宮章利氏です。この講座では、省エネ効果の高いLEDについて学んでいただきながら、配線などの簡単な作業でLEDライトを取り付けたクリスタル調のケースを作りました。

(1)あかりの歴史

・「人工光源」はトーマス・エジソンによって、日本の竹を炭素化し、カーボン電球(炭素電球)として、1879年に発明されました。日本では、その10年後に電球が発売されたそうです。それから約60年後には、放電により明るく光る蛍光ランプが、インマンによって発明されました。これらは、照明におけるとても大きな発明と言われています。
さらにその約60年後に、赤色LEDをきっかけとして、さらに物質の研究がなされて、明るく効率よく光る青色LEDが開発され、照明に使えるまでになりました。

(2)光源のしくみ
                             
・白熱電球は焚火の原理、蛍光ランプは放電という雷の原理で光ります。
・LED電球は、LED内部でプラスとマイナスが再結合する事によって 出た光を利用しています。白い光にするには、LEDから出る青い光と黄色く光る蛍光体を組み合わせることにより作られます。

(3)世の中はLED化

・なぜ、照明ではLED化が必要なのでしょうか?
 それは温暖化の進行を少しでも緩和するためです。温暖化の一つの原因である温室効果ガスを押さえるため二酸化炭素の削減が必要なのです。
・LED電球は、少ない電力で明るくできるため照明に供給する電気量が減り、発電に必要な石炭・石油を減らせます。そうすることで発電するために出す二酸化炭素の量を減 らすことができるのです。

(4)LEDで光るクリスタル風ケース作り

 ①ケースの大きさに合わせたスチロール板に台座を付け、中心にLED電球が通る穴を開ける。
 ②LEDを穴に差し込み固定する。
 ③LEDから出ている2本の電線をポットの底から引き出し、出した線をポットの脇の穴に通して横に出す。
 ④横に出た2本の電線と、電池ボックスからの線をつなぎテープを巻いて絶縁する。
 ⑤電池をセットし、点灯を確認する。 
 
やや細かい作業でしたが、皆さん完成できました。

8月15日から東京都では新たな制度を実施します。
都内の協力店で白熱電球1個(切れていても良い)をLED電球1個と無料交換してくれます。
是非この機会にLED電球を使用して、二酸化炭素の削減に取り組んでみませんか?
(環境情報活動センターより)

カテゴリ:平成30年度

投稿日:2018年07月12日