品川区の環境ポータルサイト

過去の講座を紹介します

環境情報活動センターでは、毎月2~3の環境学習講座を開催しています。リサイクル講座・木の実などを使ったクラフト講座・自然観察などのフィールドワーク・夏休み子ども講座・環境教養講座など、多彩な内容でお送りしています。 このコーナーでは、講座のレポートを掲載していきます。

南極を知る、体験する

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2017年06月22日

 平成29年6月11日(日)、環境学習講座「南極を知る、体験する」が開催されました。先ずは3月まで南極で仕事をしていた㈱ミサワホーム総合研究所の元日本南極地域観測隊(越冬隊)の福田真人先生が南極での服装で登場!続いて、先輩の井熊英治先生から、昭和基地における建物に関してミサワホームが参画しているお話など、南極についてより詳しく教えて頂きました。

(1)関西弁の南極観測隊員!南極はどんなところ?
 井熊先生はテレビにも出たことがあるベテラン隊員。高倉健さんや木村拓也さんが演じた南極観測隊員のイメージとは違いますが、楽しい関西弁で南極観測船「しらせ」の様子から話してくださいました。南極に着く前の船旅から大変なんですね。

 南極の-30℃の世界では、「お湯花火」が凍って氷から気体になる様子(昇華)や、ラーメンが食品サンプルのようになる様子の動画を見ました。1時間に1回部屋に戻って解凍しないと耳が凍傷で取れてしまう事があるなんて…。ホワイトアウトはすぐ前の建物もよく見えなくなるような状態。風速60㍍のブリザードは新幹線の上に乗るようなもの。風の出るブロワ―で風速40㍍を体験しました。

(2)どんな生活をしている?
 隊員は1業種1,2人しか来ていません。観測部門はそれぞれ南極の宇宙・大気・海氷・地層・生物などの研究をしています。そんな仲間と助け合って基地を作ったり直したりするのが先生の仕事。ブリザードの日はお休み。水は雪を溶かして使用。食糧は一年分持っていくのですが、一部野菜は水耕栽培で育てたりします。メニューは豊富で金曜日はカレー。燃えるごみはゴミ焼き機。煙も回収してもう一度燃やします。南極を汚さないようにすべてのごみを分別もして持ち帰るそうです。南極の野球、大人の本気のかまくら作りのお話も面白かったですね。


(3)南極の氷

 貴重な南極の氷にも触れました。たくさんの気泡は2万年前の空気が閉じ込められているのです。なめたり飲んだりできないのが残念です。どんなものが入っているか分かりません。ミネラルが一切入っていないきれいすぎる水は刺激が強く、お腹をこわすことがあるとのことです。気泡のシュワシュワ音を聞いたり、匂いがあるのか…嗅いでみたりしました。

(4)南極の自然と仲間たち
 南極の動物、オーロラ、宇宙とのつながりのお話もありました。そして世界的に認められた研究をする仲間との出会い…。体験して本当に「知る」ということや、夢を持つことについて考える、とっても素敵な講座でした。 
 

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2017年06月22日

春の寄せ植え~シモツケソウと風知草の苔玉作り

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2017年06月06日

  平成29年5月25日(木)品川区環境情報活動センターにおいて、園芸講座「春の寄せ植え~シモツケソウと風知草の苔玉作り」が開催されました。講師は寄せ植え講座でおなじみの秋草会の皆さんです。秋草会のみなさんは園芸研究家の伊藤金美先生の下、都会の環境下で育てるのは難しい山野草の管理・育成の研究に取り組まれています。    
                         
 本講座で使用したコシジシモツケソウ(越路下野草)はバラ科シモツケソウ属の多年草植物で、本州の日本海側山地の湿った場所に自生します。6月から8月にかけてピンク色の花を散房状に付けます。
「風知草」はイネ科 ウラハグサ属の多年草植物で、本州の山地の崖や尾根に見られます。
こんもりと生える細長い葉は、夏に涼しげです。風知草は葉っぱの裏の方に光沢があって裏の方が綺麗なことから「裏葉草」ともいわれます。「シモツケソウ」も「風知草」も共に生育環境が近いことから寄せ植えに相性が良いのです。  
作り方
●まず、シモツケソウを中心よりやや左側、又は右側斜め後ろに配置します。左側にするか、右側にするかは苗の流れを見て決めます。次に、風知草をシモツケソウの斜め前に配置し、苗の土を少しずつ落し、好みの形に配置します。全体が9センチになり形が決まったら、下から数センチのところを麻ひもでしばり固定します。 
                       
●台座となる鉢底アミには針金を十字に通し、その上に夢想(山野草に適したブレンド土)を薄く塗り台座を作ります。苗の周りの下地を夢想できれいに丸みをつけて形を整え、台座に乗せて針金で固定します。最後に、たっぷりと水に湿した苔を下地にしっかりと密着させて、糸を下から上へと十字に数回ぐるぐると巻いたら出来上がりです。
 
さあ、出来上がりました。どの作品もそれぞれ個性が出ていてとても素敵です。シモツケソウは6月から8月にかけて、ピンク色の花を咲かせてくれます。風知草の細く、こんもりと茂った葉っぱとあわせて暑い夏に涼しげで爽やかですね。家に持ち帰ったら水を張ったバケツにドッボンとドブ浸けし、水切り後、陶板、又は小皿に乗せて鑑賞してください。シモツケソウも風知草も日なたを好みますので、なるべく明るい風通しの良い戸外に置きましょう。
                          
 最後に、寄せ植えの基本的なポイントとして、草花の特徴、用土、日当たり、水やりなどの詳しい説明がありました。山野草は非常に環境に敏感な植物なので、土のない品川で、ベランダや屋上で育てるにはひと工夫必要です。温度、湿度、日照、通風など、自生地の環境に近づけてあげることが上手く育てるコツです。

                                

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2017年06月06日

緑のカーテンを作りましょう

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2017年05月11日

 平成29年4月30日(日)品川区環境情報活動センターにおいて、環境学習講座「緑のカーテンを作りましょう」が開催されました。講師は品川区民公園管理事務所長の丸山 均さんです。

    
 前半は種まきから苗の植え付けまで、講師がご自宅で育成された観察記録の写真を観ながら、育成環境、適温、用土、肥料等の詳しい解説、そして後半は参加者に実習をして頂きました。

 緑のカーテンを作るに当たっては、設置場所が戸建てか、マンションであるかで条件が異なります。マンション等高層の住宅である場合、昆虫などによる自然受粉は難しいため雄花、雌花の人工授粉の必要があります。花芽は雄花10に対して雌花1くらいの割合で、雌花は花の根元に小さなゴーヤの子どもを付けます。そこが見分けのポイントですね。注意して観察して下さい。人工的に授粉させる場合、太陽に向かって外側に付く花芽への授粉は危険も伴います。また、ツルが伸びすぎて隣近所にお住いの方にご迷惑をかけてしまうこともありますので、そういった点を十分考慮して場所の選定をしましょう。
講師の観察記録から
 まず、種の植え付けです。種植え付け用鉢は一般的なプラスティック製のものと紙製のものを使用。紙製のエコ鉢はやわらかい素材でできていて、鉢のまま苗を移植できます。環境にもやさしい大変すぐれものです。
鉢底網をしいた鉢に、種まき用土、黒土、ミズゴケの3種類をセットし、朝顔、ひょうたん、ゴーヤ、ヘチマの種を植付けて発芽状況を観察しました。この時、どこに何の種を蒔いたのかを忘れないよう、紙のプレートに種の名前と日付を入れておきましょう。
種まき用と本植え用の土は含まれる土の成分が違います。種まき用土は非常に高濃度な栄養分が入った土で、種を発芽させるのに適しています。
 
 種植え付け後2週間ほどで種まき用土からアサガオが発芽しました。 黒土では変化なし。1ヶ月ほどしてゴーヤの芽が、そして黒土からはアサガオ、ひょうたん、ヘチマがやっと発芽しました。種を発芽させるには、種まき用の有機質系土が適していることが分かりました。同じ条件下で種をまいても、発芽時期、成長速度等それぞれ違います。
          
 本葉が2~4枚揃ったら本植えです。緑のカーテンとして利用するのであればその中で一番元気な優性樹を選ぶのがベストです。移植する際は根を傷めないように土を十分に湿らせて柔らかくしてから作業を行って下さい。
プランターに鉢底石、赤玉土、培養土の順に入れ、苗を植え付け、水をたっぷり与えます。また、設置する場所によってプランターの数量、苗の数、又、園芸用ネットの大きさも異なります。丸鉢は一株、長鉢なら3植えができる位を目安で。(講師の使用した長鉢は縦50×横30×高さ30のものです)


     
40日ほどするとツルが伸び出し、添え木、もしくはネットが必要となります。 50日頃では茎にバンヤの補強を加えて育成します。
 
土の再利用 昨年使用したゴーヤの土を無駄なく使用するために再生土を造ります。プランターから空けた土や網にはひげ根がたくさん付着していますので、よくふるいにかけ、鉢底網もきれいに洗います。きれいになった古土にゴーヤの肥料、ガーデニング用土を加えスコップでよく混ぜ合わせれば使用することができます。※土ごしらえは2月から3月がベストです。
                                   
休憩をはさんで後半は実習
 参加者の皆さんにはプラスティックのトレー、エコポット、ネームプレート、プラスティックの容器等、種はゴーヤ、ひょうたん、朝顔の種が配られました。

 
まず、種植込み用の土の準備をしておきます。容器の八分目まで土を入れ、水を加えてよくかき混ぜておきます。鉢底網を敷いたトレーに土を七分目ほど入れ、ゴーヤの種を入れ、土をかぶせます。鉢底から水が流れ出るくらいたっぷりと水遣りをします。ひょうたん、アサガオの種も同様に。紙のプレートに種の名前と日付を書き入れて差し込みます。

    
 
 本日はここまで。あとは各自家に持ち帰っての作業となります。
発芽から15~20日ほどで本葉が出てきますので、2~4枚出揃ったところで今日学んだことを参考にして、大きいプランターに本植えしてください。毎日の水やりはとても大事です。特に夏場の暑い盛りは朝、夕に欠かさず、プランターの縁から水があふれる位たっぷりとあげて下さい。植物にとって水は命です。時々追肥もしてくださいね。するとしないでは実のでき方に大きな違いが出るそうです。また、マンションのベランダ等に設置する場合、避難経路の妨げにならないように非常用壁板のまわりや非常用ハッチの上などには置かないようにしてくださいね。
 最後に、ゴーヤの実がオレンジに色づくまで残し、頃合いをみて中の種を取り出し、よく水洗いをして、来年種として使用することもできます。
 それでは皆さん、吉報をお待ちしております。
                                   

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2017年05月11日

子ども環境学習講座 ~いっしょに学ぼう! 生物多様性~

カテゴリ:平成28年度

投稿日:2017年04月10日

 平成29年3月18日(土)~20日(月)、品川区環境情報活動センターにおいて、春の子ども環境学習講座「いっしょに学ぼう! 生物多様性」が開催され、小学生61名(3日計)が、工作やゲーム、観察、実験などを通して生態系や生物多様性、環境問題について学びました。
講師は、進学教室SAPIX環境教育センターの先生方です。

【1日目】生き物ピラミッドを作ろう!(小学1・2年生対象)
(1)昆虫の擬態クイズ
まずは映像を使った授業です。葉や花、木の幹などに擬態した昆虫が写真の中のどこにいるかを探すクイズを通して、生き物が天敵から身を守る術を学びました。

(2)サバイバルゲーム
次はゲームに挑戦します。緑色の帽子をかぶった子ども(緑色の虫)は草や木の葉に、茶色の帽子の子ども(茶色の虫)は木の幹や土に触れることで「擬態」しながら、鳥に捕まらないように目的地を目指します。
 
(3)生き物ピラミッドづくり
最後は、食物連鎖について、より踏み込んだ話をします。生き物のシールを木製のブロックに貼り付け、ピラミッド型に積み上げます。そして、このブロックを使ってさまざまなゲームをしながら、生き物同士の関係について理解を深め、どの生き物の存在も大切であるということを学びました。

【2日目】オリジナル樹木図鑑を作ろう!(小学3・4年生対象)
(1)公園でゲームと樹木観察
【木探しゲーム】
子どもたちはバンダナで目隠しをして、ある1本の木のもとへ案内されます。そして、木に触れる、抱きつく、においをかぐという体験をしました。視界が妨げられていると、他の感覚が研ぎ澄まされて敏感になるのでしょう。どの子も集中して取り組んでいました。元の場所まで戻ると、目隠しを外して、その木を探し当てます。日ざしの方角、聞こえた音、木の感触などの情報をよく思い出しながら、グループで協力して正解の木にたどり着きました。

【樹木観察】
公園内の樹木について、実物やイラストを見せながら、詳しく解説します。サクラ、クスノキなど馴染みのあるものから、ヤマボウシやサンシュユなど珍しいものまで、12種類の樹木が取り上げられました。子どもたちは先生の話の内容を専用のシートに記入していきます。どの木も独自の特徴があるのですね。今まで知らなかったことをたくさん聞けたことと思います。

(2)樹木図鑑作り
教室に戻り、樹木図鑑を作りました。観察した12種類の木の中から6種類を選んで冊子にします。それぞれの木のイラストが印刷された紙にはメモ欄があり、公園で観察したり、先生の話を聞いたりしたことをそこに書き入れます。出来上がった手作りの図鑑を持って改めて観察に出かけると、目のつけどころが分かって楽しいことでしょう。

【3日目】土のひみつを解き明かそう!(小学4・5・6年生対象)
(1)公園で観察
まずは公園に行き、クスノキの下にある落ち葉や、それ以外に見つけたものをスケッチします。木の種、カラスの羽、少し土を掘って、甲虫の幼虫を見つけた子もいました。

落ち葉は、葉の形を完全に残しているものから、一部が欠けたり穴が開いたりしているもの、ボロボロになったものまで、さまざまな状態のものがあり、分解者のはたらきを確認することができました。

また前日、先生がしかけたベイトトラップ(土に掘った穴にひき肉を入れた紙コップを入れた装置)にひっかかっている虫も確認しました。
(2)土の実験
教室に戻り、ツルグレン装置を使って、現場では観察できないような、土の中のとても小さな生き物を観察しました。

そして、クスノキの林の土を使って、さまざまな実験を行いました。土は水をたくさんたくわえられること、養分があるので植物を育てられること、酸性を和らげる能力があること、目に見えないような小さな生き物もいて呼吸をしていることなどが分かりました。

これらのことを通して、たくさんの生き物によって土がつくられること、そして土にはさまざまなはたらきがあり、私たちの生活を支えてくれていることを学びました。

カテゴリ:平成28年度

投稿日:2017年04月10日

古布で作る手作りふくさ

カテゴリ:平成28年度

投稿日:2017年03月08日

2017年2月26日(日)、品川区環境情報活動センターのセミナールームで「古布で作る手作りふくさ」講座が開催されました。講師は古布を使って作品を作っているグループ「リメイク絆」の南朝子さんほか13名の計14名で講師を務めていただきました。

このグループ「リメイク絆」は、毎年5月に開催されているエコフェステイバルでも作品を販売しており、2012年に結成された手芸が好きな方々の集まりで、毎週金曜日に当センターのセミナールームを拠点に活動されています。(現在欠員はありません)

今回の参加者は23名で、6か所のテーブルに分かれ、講師が説明したあと、テーブルごとについた講師と参加者はマイペースに作業を進めて作品を仕上げました。

   

6か所のテーブルに分かれました。立っているのは、講師のみなさんです

「ふくさ」の作り方

★材 料:本体の表布(片面接着芯を貼ったもの)37㎝×22㎝(縫い代含む)

本体の裏布37㎝×22㎝(縫い代含む)

リボン布A 25㎝×25㎝、リボン布B 6㎝×6㎝(縫い代含む)

★作り方:

①   布を裁断し、本体表布に片面接着芯を貼る→ここまで準備していただきました

②   リボン布Aを半分に折って、縫い代0.5~1㎝のところを縫い、リボンの筒を作る

③   返し口(8㎝)を残して、接着芯を貼った本体表布と中袋布を縫い合わせる

④   図を参照して、リボンを本体(表)に約0.5~1㎝の縫い代で仮止めする

⑤   図を参照して、アコーディオンのようにたたみ、縫う

⑥   返し口から表に返し、返し口を縫い閉じる

⑦   リボン布Bは2つ折りにして2~2.5㎝幅の筒を作り、リボン布Aの中心に取り付ける

  皆さんの作品、布地やリボンの付け方、配色で印象がかわりますね  

今回は古布を再利用して、祝儀袋を入れるふくさを作る講座でしたが、1枚を仕上げただけでは作業手順などは覚えられないので、いろいろな布地で挑戦していただきたいと思います。布地やリボンの幅や大きさで印象が変わります。講師も「10個作ってくださいね」とおっしゃっていました。

アンケートには「最近針を持ったことがない」との記入がありましたが、同じように私も、昨年作ってからすっかり忘れていましたが、もう一度挑戦してやっと思い出しました。

★手持ちの布地で作ってみました。 

カテゴリ:平成28年度

投稿日:2017年03月08日