品川区の環境ポータルサイト

過去の講座を紹介します

環境情報活動センターでは、毎月2~3の環境学習講座を開催しています。リサイクル講座・木の実などを使ったクラフト講座・自然観察などのフィールドワーク・夏休み子ども講座・環境教養講座など、多彩な内容でお送りしています。 このコーナーでは、講座のレポートを掲載していきます。

園芸講座「キッチンハーブの寄せ植え」

カテゴリ:令和3年度

投稿日:2022年03月22日

 令和4年3月7日(月)園芸講座「キッチンハーブの寄せ植え」が開催されました。講師は園芸家としてだけでなくフォトグラファーとしてもご活躍中の株式会社プランツ・モジュール代表取締役・山口昌哉さんです。
講座の前半ではハーブについてのお話、後半ではキッチンハーブの寄せ植えの実習をしました。

フェンネル、セージ、ワイルドストロベリー、カモミール、ミントなどのハーブ40種類の中から皆さんお好みのものを4種類選んで寄せ植えをしました。

ハーブについて
 ハーブとは、「人の生活に役立つ香りのある植物」を総称する言葉として使われます。つまり、香りや、薬効効果があって、園芸や、ガーデニングで使えて、身体にいいという複合的要素を持っているものをハーブといいます。
ハーブを上手に育てるために大切なことは温度、日当たり、風通し、水やりが基本ですが、本講座では、ハーブの育て方について「光」「土」「肥料」「病害虫防除」「増やし方」などに特化して教えていただきました。
 植物は光合成というものでからだを保っています。植物は根から水、空気中の二酸化炭素、それに光のエネルギーをもらってデンプンなどの栄養素を作っています。この働きを光合成といいます。つまり水と二酸化炭素にたくさんの光があれば植物は元気に育ちます。植物にとって光は本当に重要なのです。
 黒土4、バ-ミュライト2、ピートモス1.5、赤玉土1.5、腐 葉土1.5の割合で混合する
肥料無機質肥料(化学肥料)と有機質肥料(鶏ふん、油かすなど)化学肥料は濃度についての説明をよく読んで濃くし過ぎないようにする。
病害虫防除ハーブは比較的病気にかかりにくい。
増やし方さし木、株分けなどで増やす。時期は4月中旬(八重桜の咲く頃)から5月がよい。

実習
ハーブの植え方には特別な決まりはありませんが、株同士の間隔を程よく空けて、生育環境が似ているもの同士を一緒に植えると育てやすいです。

出来ました!! 成長が楽しみですね。サラダの食材として、また、お料理のトッピングに、或いは、ミントのように香りを楽しむものあれこれ、ハーブとはまさに「人の生活に役立つ香りのある植物」なのですね。

カテゴリ:令和3年度

投稿日:2022年03月22日

振動と波で回るギシギシプロペラを作ろう!

カテゴリ:令和3年度

投稿日:2022年03月17日

令和4年2月13日(日)、環境学習講座「振動と波で回るギシギシプロペラを作ろう!」(対象者:小学3,4年生と保護者)が開催されました。講師は蔵前理科教室ふしぎ不思議(くらりか)の杉山仁さんです。4名の方が工作のサポートに加わっていただきました。
振動によって動くシンプルなおもちゃや糸電話を作り、どうして動くのか、どうして音が伝わるのかを学びました。


(1)「ギシギシプロペラ」ってどんなもの? 作ってみよう!
①「削り・ギシギシ」
1)三角ヤスリで割りばしに溝を刻んでギザギザ棒を作りました。
2)小型のヒートンという金具で、孔の開いたプラスチックシートのプロペラをギザギザ棒の先端に取り付けました。
3)竹串で溝の部分をこすると勢いよくプロペラが回りました。
4)プロペラの形・色づけによって、回転するプロペラの模様が変わりました。
②「波板(豆腐の容器)・ギシギシ」・・・割りばしに波板を張り付ける以外は①と同じです。


2本の「ギシギシ」を使ってプロペラを回しました。

(2)どうして回るのかな?
竹串でギザギザをこすると割りばしは複雑に揺れます(振動します)。この時、先端のヒートンの軸が楕円に近い運動をすることでヒートンの軸がプロペラの穴をこすり、プロペラは回転力を与えられて回ります。ちょっと難しいかな?
(3)振動(波)、音の発生と糸電話
親子で糸電話を体験しました。少し聞き取りにくかったので、家に帰ってから静かなところで試しましょう。
どうして糸電話で話ができるのでしょう?
音は空気の振動によって伝わるからです。

(4)勉強タイム

問①「イナズマが光ってから5秒後にかみなりが鳴りました。かみなりまでの距離は?」
答①「約1.7km」(340m/秒×5秒=1700m)<光は瞬時に伝わる>
問② 船から海底に向けて音を出したところ6秒ではね返ってきました。海底までの距離は?」
答②「海の深さは4500mです」(1500m/秒×3秒=4500m・・・音が海底までに届く時間は3秒)
(5)アンケートから一部をご紹介します。
<小学生>
・作るのが楽しかった。
・色々な実験ができて勉強になりました。
<保護者>
・工作や体験は子供には楽しかった様です。
・動く原理・振動についての説明があって良かったです。
・親子ともども楽しむことができました。体で仕組みを覚えることができ、子どもにとっても勉強になったようです。子どもが楽しく参加できました。
・学校で「音のしんどう」を習った時、家でも紙コップを使ってやってみましたが、その時よりも上手く出来ました。

カテゴリ:令和3年度

投稿日:2022年03月17日

輝く雪の結晶作りと気圧実験

カテゴリ:令和3年度

投稿日:2022年03月11日

令和4年3月6日(日)環境情報活動センターの環境学習講座「輝く雪の結晶作りと気圧実験」が開催されました。講師は一般社団法人日本気象予報士会サニーエンジェルスの島田賀子さんほか、気象予報士さん4名です。小学生と保護者、計27名が参加しました。

1. 地球温暖化の話
(1) 地球温暖化の主な原因は二酸化炭素(CO2)であるとされていますが、そんなに「悪者」なのでしょうか? 現在の地球全体の平均気温は約15℃に保たれていますが、もしCO2などの温室効果ガスがなかったら、地球の温度はマイナス20℃くらいになってしまいます。
(2) 地球温暖化が進むと、どんなことが起こるのでしょうか?
集中豪雨や洪水、干ばつが増える? 農作物に被害が出る? 南極の氷がとけて海面が上昇する?
など、さまざまな悪影響が出ます。                           
(3)私たちができること・・・「クールチョイス(*)」
・使っていない家電のプラグはコンセントから抜きましょう。
・暖房の風は下向きにした方が、部屋全体が暖まりやすい。
・乗り物は車や飛行機を利用するより鉄道を使う方がクールチョイスです。
(*)温暖化対策として環境省が「賢い選択」を促す国民運動です。
例えば、エコカーを買う、エコ住宅を建てる、エコ家電にする、高効率な照明に替える、公共交通機関を利用するという「選択」です。
・限りある資源を大切にしましょう。
2.ペットボトルで雲を作ろう
 どのようにして雲ができるかの説明を聞いた後、ペットボトルの中に雲(白い煙のようなもの)を作りました。一瞬にできる雲に、みんな驚きの声をあげ、何度も挑戦していました。

3.お天気豆知識 ~春一番~
 昨日3月5日(土)、春一番が吹きました。
春一番とは、冬から春に季節が変わる時期に、初めて吹くあたたかい南寄りの風のことで、次の条件があります。
・立春から春分までの間に 
・日本海で低気圧が発達し 
・8m/秒以上の強い南よりの風が吹き、気温が上がる
4.気圧を感じてみよう
浅漬け用の容器(減圧できる容器)と袋菓子、マシュマロ、缶コーヒーを使って高い山に登った時にそれぞれがどうなるかの実験です。
さて、マシュマロや袋菓子などはどうなったでしょうか? 缶コーヒーには小さな穴を一つ開け、穴を開けた面を下に向けましたが、さてどうなったでしょうか。
保護者の方も一緒に考え、結果の説明に納得していらっしゃいました。

5.お天気 三択クイズ
 天気に関する三択クイズに挑戦しました。保護者のみなさんも楽しんで参加していただいていました。

6.雪の結晶作り
雪の結晶作りには多少時間がかかるため、前もってドライアイスなどを使って雪の結晶作りの準備をしておきました。雪の結晶はどうなったかな?
きれいな雪の結晶を作ることができましたね。

7.受講しての感想(一部です)
<子ども>
・とてもためになりました。これから、どんどん空を見上げたいです。
・くもをつくるのが楽しかったので家でもつくってみたいと思いました。
・雪のけっしょうがきれいで、知らない言葉をせつめいしてもらえてよかったです。
<保護者>
・天気や雲、雪という、日々目にしているけれどよく見たことがない、考えたことがないものに興味をもたせてくれる内容で、とてもありがたい内容でした。子どもと一緒に空を見上げたいと思います。
・自分が実際に何かをつくるという体験ができたのでとてもおもしろかったです。
・実験を交えながら天気の勉強ができ楽しかったです。
・とても気持ちが上向きになりました。
・子ども向けなのに深く話をされていて良かったです。

カテゴリ:令和3年度

投稿日:2022年03月11日

食育教室と使用済み食用油を使ったキャンドル工作

カテゴリ:令和3年度

投稿日:2022年02月14日

令和4年2月6日(日)、環境学習講座「しょくいく教室と使用済み食用油を使ったキャンドル工作」が開催されました。講師は森田孝枝さん(食生活アドバイザー、野菜ソムリエ)ほか、カルビー株式会社の皆さんです。

リサイクルについて
リサイクルとは、いらなくなったモノから新しいモノを作って、もう一度使えるようにするということです。リサイクルをうまく進めるためには資源として再利用できるアルミ缶、プラスチック容器、ガラス瓶、ダンボールなどの「リサイクル資源」を種類ごとに分別して集める必要があります。では、どうしてリサイクルが必要なのでしょうか? クイズを通してリサイクルについて学びました。捨てられたごみの中からリサイクルできるものを取り出していったら、燃やすごみの量も減り、ごみを燃やすことで生じる二酸化炭素量も減ります。地球温暖化や自然環境を守るためにもごみを減らす工夫が必要なのです。「ポテトチップスが届くまで」というDVDで、じゃがいもがチップスになるまでを鑑賞し、カルビーにおけるリサイクルへの取り組み(カルビー工場のリサイクル率は約99%)も紹介されました。

食べ物について学ぶ
袋などに書かれた「パッケージ表示」には色々なことが書かれています。今日は「賞味期限」「消費期限」の違いについてクイズを通じて教えていただきました。「賞味期限」は「この日まではおいしく食べられます」ということで、スナック菓子や即席めんのように品質が変わり(悪くなり)にくいものに、「消費期限」はお弁当やお肉など、品質が変わり(悪くなり)やすいものにつけられます。知っているようで意外と理解していないような気がしますね。

アロマキャンドル作り
キャンドル作りでは熱したパラフィンと油に、削ったクレヨンで色付けをし、アロマオイルで香り付けをしました。量が少なく追加して3層になったお友達、クレヨンの粉を上にのせてみたお友達もいて、それぞれ自分好みの色合いのキャンドルになりました。つくり方はとても簡単!みんな夢中で取り組んでいました。

カテゴリ:令和3年度

投稿日:2022年02月14日

園芸講座「お正月の寄せ植え」

カテゴリ:令和3年度

投稿日:2021年12月24日

令和3年12月20日(月)園芸講座「お正月の寄せ植え」が開催されました。講師は園芸家だけでなくフォトグラファーとしてもご活躍中の株式会社プランツ・モジュール代表取締役・山口昌哉さんです。
本講座は毎回大変な人気講座で、本日は抽選で15名の皆さまにご参加いただきました。

講座前半ではお正月に欠かせない「門松」、「注連飾り(しめかざり)」、「鏡餅」などのお話や植物の解説、「二十四節気」についてなど貴重なお話をお伺いし、後半はお楽しみの寄せ植えの実習です。

お正月に使う代表的な植物
松竹梅について

  • 松…常緑針葉樹である松は、クリスマスツリーのモミの木と同じで神様が宿ると言われ、目印となるよう立てて飾る。一年中緑が絶えないので不老長寿の木とも言われています。
  • 竹…成長力の旺盛さが繁栄を意味し、しなやかで、生命力がある。
  • 梅…厳しい寒さの中でも春の知らせを一番に伝えてくれる植物で、繁栄、長寿の象徴とされる。

「二十四節気」は立春、春分など季節を表すことばとして用いられています。季節を春夏秋冬に分け、それぞれを六等分し、一年を12の「節気」と12の「中気」に分類し、それぞれに季節を表す名前が付けられています。

主な分類

  • 四立【立春、立夏、立秋、立冬】
  • 二至【夏至、冬至】
  • 二分【春分、秋分】

植物は、この分類で言う夏至や冬至を境に陽の長さによって成長がコントロールされ、秋に花咲く短日植物と、春に花咲く長日植物に分けられます。

寄せ植え作成
使用した植物は「梅」「プリムラジュリアン」「シクラメン」「葉牡丹」「チェッカーベリー」「水仙」など6種です。
まず、先生に寄せ植えのお手本を作っていただき、その後、皆さんそれぞれのお好みで寄せ植えをしました。
先生が各テーブルを何度も回って指導してくださり、皆さんも肥料の与え方、剪定、管理の仕方など沢山の質問をしていました。

仕上げに白い飾り砂やその辺にある石などちょこっと置くだけで趣が出ますね。先生のちょっとしたアドバイスと少し手を加えていただくことで、見違えるほど華やかになりました。それぞれの個性がうまく表現されていてとても素敵です!皆さん良いお正月をお迎え下さい♪

カテゴリ:令和3年度

投稿日:2021年12月24日