品川区の環境ポータルサイト

過去の講座を紹介します

環境情報活動センターでは、毎月2~3の環境学習講座を開催しています。リサイクル講座・木の実などを使ったクラフト講座・自然観察などのフィールドワーク・夏休み子ども講座・環境教養講座など、多彩な内容でお送りしています。 このコーナーでは、講座のレポートを掲載していきます。

異常気象と台風・局地的大雨などの気象災害から身を守る!

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年09月09日

 令和元年8月25日(日)、環境学習講座「異常気象と台風・局地的大雨などの気象災害から身を守る!」が開催されました。講師は気象予報士の新海康雄氏です。新海氏は各地で開催される消防署員を対象とした防災講座などでも講師をされています。
                
1.本日の講座の目的
自分の身は自分で守る必要があります。そのために気象に関する知識を身につけていただくことです。
2.災害となる気象現象
(1)局地的大雨・集中豪雨
局地的大雨とは、急に強く降り始め、数十分の短い時間で、狭い範囲に数十mmの雨量となる雨で、土砂災害、中小河川の増水や低い土地の浸水を引き起こすことがあります。
原因となるのは発達した積乱雲で、さらに発達した積乱雲の近くでは、落雷、竜巻などの突風、「降ひょう」などが発生することもあります。
(2)台風
中心付近の最大風速が17.2m/s 以上になった熱帯低気圧を台風といい、大雨や暴風をもたらします。台風の中心付近では、台風の進行方向に向かって右側の方が、左側より強い風が吹きます。それは、台風そのものによる風に台風の移動速度が加わるためです。

(3)竜巻
2012年5月6日 茨城県・栃木県で発生した3つの竜巻では、大きな被害が発生し、死者も出ました。竜巻は日本中どこでも発生し、特に沿岸部で多く発生します。
竜巻に遭遇したら、すぐに身を守るための行動をとってください。
<屋外では>
頑丈な建造物の物陰に入って、身を小さくする。物置や車庫、プレハブの中は危険です。電柱や太い樹木があっても倒壊することがあり危険です。
<屋内では>
家の1階の窓のない部屋に移動する。窓のある部屋では、窓・カーテンを閉める。

(4)落雷
ピカッ!と光ってから10秒後にゴロゴロ・・・まだ遠いのでだいじょうぶ?
雷鳴が聞こえたら危険地帯で、どこに雷が落ちてもおかしくないのです。 木の下は非常に危険です。
3.発達した積乱雲による災害事例
・2008年7月28日に発生した神戸市都賀川の水難事故では急激な増水で約50人名が流され、5名が亡くなっています。雨が降っていなくても、川の上流で強い雨が降ると急に増水することがあります。危険を知らせる案内があった場合は速やかに避難することが大切です。

         
・2015年9月の関東・東北豪雨(鬼怒川氾濫)も同様で、上流で降った雨が下流の増水・越水・決壊の原因になり、大きな被害をもたらしました。
・2018年7月の西日本豪雨では、岡山県倉敷市の小田川とその支流の堤防が決壊し、5500棟が全半壊、死者51名(9割が高齢者)の大半が屋内の1階で発見されました。
4.気象災害から身を守るために
(1) 身を守る3要素
①その場所の災害リスクを知る。②災害のきざしを見逃さない。③早め早めに避難する。
(2) このような場所で局地的大雨にあったら・・・被害をイメージしましょう。
川釣り、アンダーパス(鉄道や道路の下を通る立体交差になっているくぐり抜け式通路)、親水公園での水遊び、川原でバーベキュー、地下街
(3) 災害のきざしを見逃さない 
①「大気の状態が不安定」「上空に寒気」「雷・突風・ひょうに注意!」
これらの言葉を聞いたら、要注意です。
②天候急変のきざし
晴れのいい天気が・・・突然真っ暗になり・・・雷の音が聞こえてきた、急に冷たい風が吹いてきた 
⇒ 早めに避難しましょう
5.気象情報の入手方法と活用についての説明がありました。
(1) 気象庁のホームページ (2)テレビ (3)スマホ(携帯電話)
(4)品川区・・・しなメールの「緊急情報・防災気象情報」、防災ハンドブック、ハザードマップ
6. 最後に
人には、「たぶん大丈夫」「自分は大丈夫」と、自分に都合よく考えてしまう傾向があります。
災害の原因となるような自然現象をなくすことはできません。しかし、被害を減らすことはできます。大切なのは命です。自ら考え、行動し、自分の身は自分で守りましょう。

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年09月09日

電子工作にチャレンジ! ラジオを作ろう

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年08月23日

 令和元年8月8日(木)、SMK㈱本社(品川区戸越6丁目)で環境学習講座「電子工作にチャレンジ! ラジオを作ろう」が開催されました。講師はSMK㈱環境室の太田秀一氏、渉外秘書室の福島昌弘氏とラジオ作りを指導してくださるSMK㈱の従業員のみなさんです。   
本講座は、区内に本社や事業所がある企業との共催で開催する環境学習講座で、小学生(保護者同伴)を対象に当該企業内で開催し、普段では目や耳にする機会が少ない企業の事業内容や環境活動の紹介を受け、環境関連の工作などを行う体験学習講座です。
(1)SMK㈱の事業内容
1925年創業のSMK㈱は今年94周年を迎えましたが、創業当時はラジオ受信機を作っていました。写真のラジオは1937年に日本ラジオ共進会で優秀賞を受賞した「オリンピック680号」です。
 
1946年からは、「良い部品は良いセットをつくる」の創業の精神の元、電子部品メーカーへ方向転換し、ラジオやテレビ用の部品を作ってきました。家の中にたくさんあるリモコンや、身の回りにあるいろいろな家電機器やスマホなどでコネクタ、スイッチ、ジャック等のSMK製品が数多く使われています。
(2)環境保全活動
環境保全活動とは、簡単に言えば、「地球を、自然を、人間を含む生きものを、もちろん植物を守ろう」という活動のことです。SMK㈱では、次の3つのことに力を入れています。
①地球温暖化を防ぐ・・・二酸化炭素(CO2)を出さない
CO2の発生を抑える方法はいろいろあります。SMK㈱は物を作る会社ですので、工場でたくさんの電気を使います。そのため、より少ない電気で物を作ることに努めています。
②限りある資源を大切に使う・・・「3R」
・Reduce(リデュース)・・・要るものだけを使う。使いすぎない。
・Reuse(リユース)・・・大切に何度も使う。新しい使い方を見つける。
・Recycle(リサイクル)・・・もう使わないものは、資源にして使う。
③製品の中に危ないものを入れない
製品の中にカドミウム、鉛など体に悪いものは絶対に入れない。それはSMK製品を使った家電製品が捨てられるときに、有害なものが地面や川に流れることのないようにすることと、リサイクルや最終的な廃棄処理をし易くするためです。
 SMK㈱では、海外、国内の工場や研究施設で、地域の特性にあわせた環境保全活動に取り組んでおり、お互いに情報交換や環境教育を行いながらレベルアップを図っています。
(3)エコクイズ
Q.地球温暖化の原因は? Q.どのようなことで二酸化炭素(CO2)が大量に発生するの? Q.温暖化によって起こることは? Q.温暖化の進行を抑えるためにみんなでできることは? など環境に関する問題に、みんな元気に答えていました。
        
★みなさんにお願いしたいことは
◇電気を大事に使いましょう・・・使わないときは消す。ゲームやスマホの時間を短めに。
◇資源を大事にしましょう・・・食べ残しをしない(ごみになるので)。水を大切に使う(シャワーや蛇口から水を流しっぱなしにしない)
(4)ラジオ作りに挑戦です
これから使う部品についてと注意事項の説明を聞いた後、いよいよ作製開始です。
今回の講座では、はんだごてを使いますが、非常に高温になるため、子ども4人に対し3人のインストラクターについていただきました。なお、鉛は体に良くないものですので、鉛が入っていないはんだを使います。これまでに、はんだごてを使ったことのある数人以外は初めて使うことになり、新たな体験をしました。
①はんだづけ・・・きばんと部品を電気が流れるように溶接(固定)することです。
まずは練習用のきばんを使ってはんだ付けの練習をしました。
②きばんに、抵抗、コンデンサ、スイッチ、AMアンテナ、スピーカーの電線、電池ボックスの電線の順番にはんだづけしました。また、スイッチのつまみ、スピーカー、電池ボックスをねじで固定し、FMアンテナの取り付けをしました。
  
 説明書を見ながら、またインストラクターの指導を受けながら作業を進め、ラジオが完成しました。
みんなが作ったラジオから音声が流れると、歓声が上がりました。
 
よく聞こえています! 僕たちが作ったラジオです。できあがったラジオを手に、ハイ!ポーズ

(4)保護者のみなさんの感想の一部ですが、同じような感想が多くありました。
・ハンダごてなどの道具を使って身近な物を作れるのは貴重な体験で、子どもにとって、とても刺激のある時間でした。
・環境活動についての説明内容がすごくよかった。エネルギーだけでなく、食べ物も大事にというところが特に。
・スタッフの方がたくさんお手伝いしてくださったので、無事ラジオを完成することができました。
・大勢の社員を投入しての講座に驚きました。
(5)環境情報活動センターより
「子どもにとって貴重な体験」「環境の話が良かった」「多くの社員の方のご指導に感謝」「企業内の話が聞けた」など、たくさんの感想をお書きいただきました。
今日行った電子工作は、多くの社員の方のご協力があってこそできました。通常家庭や学校ではできない貴重な体験ができ、話を聞くことができてよかったと思います。
ありがとうございました。

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年08月23日

LEDライト付き救急箱を作ろう

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年08月21日

令和元年7月6日(土)、環境学習講座「LEDライト付き救急箱を作ろう」が開催されました。講師は照明コンサルタントの小宮章利氏です。この講座では、省エネ効果の高いLEDについて、その仕組みと環境について学んでいただきながら、配線などの簡単な作業でLEDライトを救急箱に取り付ける工作をしました。

(1)LEDライト付き救急箱作り       
 救急箱作りから講座は始まりました。
その方がLEDの仕組みについての理解が得やすいためです。

難しい配線や穴あけはすでに講師にやっていただいています。
作業は次の通りです。
①LEDのライトにつながっている電線を救急箱の穴に通し、LEDライトを救急箱にネジで固定する。 
②電池boxを小型ケースの所定の位置に取り付ける。
③電池boxの線とLEDライトの線をつなげ、絶縁テープを巻く。
これで作業は終了です。
 

(2)手回し発電機の実験と環境の話
①電球とLED、どちらが簡単に(少ない力で)点灯したでしょうか。
LEDは電球に比べ、少ない力(エネルギー)で明るく光りました。
 
と言うことは、LEDで光る明かりは、あまり電気を使わないことがわかります。電気を使うためには、
石油・石炭などの化石燃料を燃やして発電することが必要ですが、温室効果ガスの一種である二酸化炭素(CO2)を発生し、地球温暖化につながります。少ないエネルギーで明るくすることができるLEDはCO2の発生を少なくすることができ、環境に良いのです。現在の地球の平均気温は約15℃ですが、CO2が増えると、金星のような高温の星になってしまうことが、環境学者の方々から言われていますので、私たちの生活の中でCO2の発生を防ぐ工夫をして、是非とも減らしていきたいですね。
②電球と蛍光灯、LEDの熱の比較
電球のフィラメントは約1000℃で明るく光っています。光と一緒に熱が出ているからこんなに熱いのです。電球形蛍光ランプはやや熱いけれど、電球ほどではありません。LED電球の光る部分は触っても大丈夫なほど、あまり熱が出ないことがLEDの特徴で、効率よく点灯します。

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年08月21日

「キッチンからはじめるエコロジー~地球にやさしい旬の料理をつくろう~」

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年08月19日

  令和元年8月1、2、3、4日の4日間、夏休みこども環境学習講座「キッチンからはじめるエコロジー、地球にやさしい旬の料理をつくろう」を、東京ガスキッチンランド川崎で開催しました。恒例の夏休みこども環境学習講座、本年度も本当にたくさんの皆さまにご応募頂き、小学生と保護者のペアーで各回とも9組18名の皆さまにご参加頂きました。

  東京ガス、エコ・クッキングインストラクターの村川氏のご挨拶に続き、「買物→料理→片付け」に至る、一連の流れの解説の後、調理のデモンストレーションがありました。
   
身近な「食」を通して、環境にやさしいくらしのきっかけつくりを作る、ということがエコ・クッキングの考え方になります。旬の食材を買う、無駄なく使う、生ゴミを濡らさない、ガスの火はナベ底をはみ出さない、ナベ蓋をする…など、誰にでもできるエコポイントがたくさんあります。

調理実習に入る前に、手洗い、包丁の正しい握り方の指導がありました。先ず、指を鉄砲の形にしてみましょう。そして、中指を包丁の刃元の一番下にしっかりと当てて握ります。左手は猫の手ネ。
    

いよいよ実習です。メニューは「ハンバーグクリーミーソース」「ポテトとブロッコリーのミニグラタン」「グリルソーセージ」*「ケチャップライス」*「オレンジゼリー」です。ちゃんとエコロジーに気をつけながら作れるかな?(*はデモンストレーションと試食のみ)

<ハンバーグクリーミーソース>
  ボウルに牛豚ひき肉を入れ、調味料を加えてよく練ります。そこにパン粉、牛乳、卵、最後にタマネギを加えて混ぜ、等分にして丸め、左右の手のひらに打ちつけて空気を抜きます。フライパンに油をひいて焼き色を見ながら両面を焼きます。ふたをして余熱を利用したりするとエネルギーが無駄なく使えますね。
フライパンの余分な脂を拭き取り、クリーミーソースの材料を加えて暖めます。
  
<ポテトとブロッコリーのミニグラタン>
  フライドポテトは解凍して2㎝長さに切ります。ベーコンは5mm幅に切ります。アルミケースにポテト、ベーコン、ブロッコリー、スイートコーンを分け入れ、生クリーム、ピザ用チーズを散らしてグリルで焼きます。

<グリルソーセージ>
   ウインナーソーセージは3ヶ所切り込みを入れてグリルで焼きます。グラタンと ソーセージは同じグリルで同時に焼きます。エネルギーの節約になりますよ!!
  
皿にクリーミーソースをかけたハンバーグを盛りつけ、ソーセージと野菜を添えます。焼き上がったミニグラタンとケチャップライス、オレンジゼリーをのせ盛り合わせます。(「ケチャップライス」と「オレンジゼリー」はデモンストレーションと試食のみでした)
さあ、出来上がりました! 美味しそうですね。
 
全部の班が勉強したことを意識しながら作ることができたようです。残さず食べるのもエコロジーですね。いただきます♪
  お皿や容器・道具類は古布で汚れを軽く拭いてから洗います。こうすることで半分以上汚れが落ちたことになるそうです。水は出しっぱなしにしないで、水量は女の人の指程度にしましょう。ちょっとしたことで、水の節約にもつながりますね。余熱を利用する、水道の水はこまめにとめるなど身近な「食」の中で、私たちにできるエコはたくさんありました。一人のエコは少しでも、みんなですることで大きなエコになりますね。気づきの多い講座でした。

 

                                   

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年08月19日

気象予報士から学ぶ気象と環境

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年08月16日

7月27日(土)~29日(月)夏休みこども環境学習講座「気象予報士から学ぶ気象と環境」(講師:NPO法人気象キャスターネットワーク気象予報士の皆さん)が開催されました。様々な気象現象、地球温暖化などについてのお話や実験、工作を楽しみました。

1日目:7月27日(土)「天気予報にチャレンジ」(3、4年)講師:奈良岡希実子氏
(1)お天気クイズ
テレビでもおなじみの奈良岡先生。お天気のクイズではじまりました。雲づくり実験、竜巻実験、保護者2名にもお手伝いいただいた「雨粒はどんな形のパンに似ている?」も面白かったですね。 
 
 (2)自然災害から身を守るマイ・タイムラインづくり
台風などの災害時、避難の準備はいつ始めれば良いのでしょう?自分の家に避難の時に助けが必要な人、例えば直ぐに動けない家族や、赤ちゃん、ペットがいるのか?その場合は早めに避難を始めたほうがいいですね。避難先はどこ?何を持って逃げればいいのか?など前もって家族と話しあっておく機会になりそうですね。
●自然災害から身を守る3つの「K」
 ・被害(ひがい)をイメージする「考える」
 ・周りの様子に注意する「気づく」
 ・早めに避難(ひなん)する「行動する」
(3)天気図の読み方とお天気キャスター体験 
天気図の読み方を学び、お天気キャスターのやり方を見ました。前に出て挑戦できる子はいませんでしたが、お家に帰ってご家族の前でやってみても良いですね。テレビの天気予報も興味を持って見てもらいたいですね。
(4)温度をはかる
外に出て建物のかべ、土の所やアスファルトの所、木かげやひなたの表面温度を測ってみました。実際に数字でみると、自然、緑の大切さがよく分ります。ヒートアイランド現象、地球温暖化への理解が深まりました。

(5)雲の図鑑作り 
最後に雲図鑑を作りました。見本のイラスト、写真を見ながら白や灰色の綿で種類の雲を表現しました。
  アンケートより(一部)
ž・実際に実験してみて知ることは、本当に「百聞は一見にしかず」だと思いました。外の温度を測ってみて、アスファルトと土の差に驚いたりとても身になる講座だったと思います。
・体験できる点(雲作りなど)は、子どもたちも喜んでおり、良い体験になったと思います。また普段子供たちが気にした事のない雨の形や、災害時の避難計画も良い勉強となったと思います。

2日目:7月28日(日)「2100年 未来の天気予報」(4年生~6年生) 講師:新村美里さん
高学年を対象とした2日目は、地球温暖化と私たちの生活について考えました。また、天気図の読み方を学び、牛乳パックで百葉箱を作りました。
(1)2100年の天気予報
講座は、新村キャスターの2100年の天気予報の実況からスタートです。
2100年の地球は、大変なことになっています!最高気温は北海道でも40℃を超えて、熱中症で運ばれる人が続出します。雨が降らず農作物が枯れる被害がある一方で、局地的な大雨や、川の氾濫、竜巻のような大型台風、高波、高潮が発生します。
想像を絶する惨状の原因は、地球温暖化です。100年後には地球全体の気温が4.8℃も上昇すると予想されています。なぜ地球温暖化が進むのでしょうか。空気中の二酸化炭素が増えるためです。二酸化炭素は空気より暖まりやすい性質があるので、二酸化炭素が増えると気温が上がるのです。  

(2)二酸化炭素の温室効果実験
本当に二酸化炭素が多いと温暖化するのか、実験をして確かめてみました。
二つの容器の片方に二酸化炭素を注入し、赤外線を当て続けて過熱しました。4分間で、二酸化炭素を注入したほうは8.3℃温度が上がったのに対して、空気だけのものは7.3℃の上昇で、二酸化炭素を注入したもののほうが、1℃高かったです。。二酸化炭素は目に見えないし、においもしませんが、二酸化炭素が増えると気温が上がるということを子どもたちは、目の前で起こった現象を確認して理解しました。
 
(3) 「生活ボックス」で身近なエネルギーを考えよう
 
二酸化炭素を出さないために私たちができることは何なのか、考えました。
エネルギーを使うときに二酸化炭素が発生します。私たちの日々の生活のどの部分でエネルギーを使っているのか、「生活ボックス」というツールを使って生活を振り返ってみました。どうしたら二酸化炭素の排出量を減らせるのか、グループで話し合いました。例えばパイナップルでも遠くでできたものを運ぶ時にエネルギーを使うことなど、生活の様々な場面でエネルギーを使っていることに気づきがありましたね。 
                                            
(4)天気や地球のエネルギーを使おう!-風力発電実験
発電時に二酸化炭素を出さない再生可能エネルギーの活用は、重要な地球温暖化対策です。
再生可能エネルギーにどんなものがあるのか学びました。また、風でエネルギーを作る実験に挑戦し、風力発電の原理を確認しました。
(5)天気図の見方
天気図の見方をクイズ形式で確認し、お天気キャスター経験もしました。
 
 (6)牛乳パックで百葉箱作り
百葉箱とは、なるべく直射日光の影響や雨などの影響がない環境で、主に屋外の気温を測るために作られたものです。簡易百葉箱を作ってみました。牛乳パックに温度計を見る窓と風を通す窓二つを開けて、温度計を入れて完成です。外に出て、早速測定をしてみました。 

(7)こんな実験もしました♪

アンケートより(一部)
ž・実験が多く 理科が苦手な娘にも興味を持って参加できたと思います。工作も単純でありながら百葉箱作りという観点が面白く、家で使えそうです。
・実際に雲をペットボトルで作っていて、楽しそうでした。CO2効果の実験も家庭ではできなそうもない為ありがたく感じました。

3日目:7月29日(月)「お天気ふしぎ発見!」(小学1,2年生と保護者) 講師:竹下愛美 氏
 中央:竹下先生 左:川崎さん 右:中津畑さん    元気な1、2年生♪♪
(1) お天気クイズ
まず、お天気のクイズではじまりました。雲の名前、雨つぶの形、雷やたつまき、虹のしくみをクイズを通して学びました。皆、元気に手をあげて、もりあがりました。
(2)実験
「雲を作る」「雷の音のする楽器を鳴らす」「虹を見る」「たつまきを作る」などの実験をしました。
ほとんど全員が体験できて良かった!

(3)工作
・紫外線ビーズのストラップ作り
紫外線で色が変わるビーズのストラップを作りました。ビーズが日射し(紫外線)で何色に変化するのかワクワクします。                白のビーズが紫外線で薄紫に!!    
 
光の万華鏡作り 
 
1,2年生は元気いっぱい!おとなにも手伝ってもらって環境のお勉強、実験、工作、と任務完了!
アンケートより(一部)
・目で見て手を動かして学べる形だったので、理屈は分からなくても心に残るのではないかと思います。クイズも楽しく参加できてよかったです。大人も勉強になりました。
・楽しく学ばせる工夫がたくさんあって、とても良かったと思います。来たかいがあったと強く感じました。
・低学年でもわかりやすく、丁寧なお話ありがとうございました。
・ていねいに準備されていて、講座の内容も役に立つものでした。お天気は身近なテーマなので、親子の会話にも良いと感じました。自由工作も豪華な2点で夏休みの工作や自由研究の参考になりました。

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年08月16日