品川区の環境ポータルサイト

過去の講座を紹介します

環境情報活動センターでは、毎月2~3の環境学習講座を開催しています。リサイクル講座・木の実などを使ったクラフト講座・自然観察などのフィールドワーク・夏休み子ども講座・環境教養講座など、多彩な内容でお送りしています。 このコーナーでは、講座のレポートを掲載していきます。

世界の民話と大地の始まり&ハードカバーのミニ製本

カテゴリ:平成30年度

投稿日:2018年11月15日

台風の為延期されていた、環境学習講座「世界の民話と大地の始まり&ハードカバーのミニ製本」が平成30年11月4日(日)に無事開催されました。講師は大野有紀子氏(エコアート作家)。大人向けに構成された内容でしたが、3年生以上の小学生と保護者の組の参加もあり、幅広い受講者の皆さんに、民話の読み解きや、製本体験を楽しんでいただきました。

■文化人類学について
文化人類学とは衣食住、言語、風習、芸術、宗教…など文化のあらゆる側面が研究対象になり得ます。それぞれの民族がどう同じでどこが違うのかなどを比較したり、まるごと観察するような学問。人は自分の文化を「標準」と感じがちですが、世界には全く違うスタイルの親族形態や婚姻制度をとる部族もおり、風変りに思える風習も、環境や時代の影響、背景にある思想が分るとより興味深く、またそれなりに理にかなったものだと分かります。そしてどの少数民族も、自分たちをとり囲む世界(自然界)を描いた「物語」を持っています。
(*「神話」は神様が登場する話で「民話」は民間に伝わる話。「神話」はギリシャ神話のような壮大なものをイメージする方が多いので、今回取り上げたシンプルな話のイメージに近い「民話」という言葉を標題に使いました)

■天地創造のお話
世界の始まりを描いた珍しい民話にはどんな動物が出て来るのでしょう?紙芝居調のオリジナルアニメ(講師作)を2話鑑賞し、それぞれの登場キャラクターの意味などを生物学的、また文化人類学的に読み解きました。科学的解明がされるずっと以前から人々が自然をよく観察していたのが分かります。地球を上手く表現している点、森羅万象への深い造詣や人間の本質についてなど、シンプルなストーリーと思いきや、読み手の知識や感性によって理解が深まります。

■ハードカバーのミニ製本
講義パートで鑑賞した民話のミニ絵本、又はA8サイズのミニノートを製本しました。ノートの中の紙は普通紙とクラフト紙から選択し、英字新聞や美術館のチラシなどをコラージュしてオリジナルの表紙にした方も!基本は「折る・切る・貼る」だけの作業でしたが、丁寧にすると仕上がりも綺麗に…。ページとカバーを合体させると満足の見栄えに!? 

今回の物語は豆本でも十分内容を伝えることができ、小さい分、多少なりとも資源の節約になりました。チラシや英字新聞も使い方次第でアートの材料になります。好きなデザインの紙袋は自然に何度もリユースしますが、デザインのエコにおける役割も、そんな所にあるのかもしれません。また自然環境に対して民話からアプローチするというのは珍しい切り口だったかもしれませんね。

■皆さんの声(一部)
・世界の民話を映像で見て勉強になりました。ミニ製本を製作して大変おもしろかった。
・立派なミニ本が出来てうれしいです。文化人類学の話は、とても興味深くおもしろい話ばかりでした。もっとうかがいたいです。
・製本より民話の方に興味があって申込みましたが、どちらもすごく良かったです。
・初めて参加しました!とっても楽しかったです!物を作る作業に夢中になってしまいました!文化人類学というのも初めて知りました!勉強になりました!

カテゴリ:平成30年度

投稿日:2018年11月15日

お天気のふしぎと雪の結晶作り

カテゴリ:平成30年度

投稿日:2018年11月15日

平成30年10月28日(日)環境情報活動センターの環境学習講座「お天気のふしぎと雪の結晶作り」が開催されました。講師は一般社団法人日本気象予報士会サニーエンジェルスの島田賀子さんほか気象予報士さん4名です。子ども19名、保護者13名、計32名が参加しました。
 
(1)お天気豆知識~木枯らし1号
 秋から冬に季節が変わる時期に、初めて吹く北よりの強い風のことで、東京地方では、今頃から11月に吹くことが多いです。
参加者から、「木枯らし1号の話がとても分りやすかったです」と言っていただきました。(アンケート)
(2)ペットボトルで雲を作ろう
 どのようにして雲ができるかの話の後、ペットボトルの中に雲(白い煙のようなもの)を作りました。一瞬にできる雲に、みんな驚きの声をあげ、何度も挑戦していました。
 
(3)気圧を感じてみよう
 浅漬け用の容器(減圧できる容器)と缶コーヒー、マシュマロ、袋菓子を使って高い山に登る実験です。
さて、マシュマロや袋菓子などはどうなったでしょうか?缶コーヒーには小さな穴を一つ開け、穴を開けた面を下に向けましたが、さてどうなったでしょうか。
保護者の方も一緒に考え、結果の説明に納得していらっしゃいました。
(4)台風三択クイズ
 台風が日本に一番多くやってくる季節はいつ? 台風は1年間にいくつくらいできる? 台風の月別発生数は? 台風の「強さ」や「大きさ」は何で決まる? など台風のこと、よくわかったかな?
(5)地球温暖化の話
 今の気温が保たれているのはなぜ? 地球温暖化はどうして起こるの? それでどんなことになるの? 

家庭の電気製品で一番電気を使っているのは何? 
限りある資源を、次世代のために大切に使いましょう!
(6)雪の話と雪の結晶作り
・雪のでき方、日本海側で多く雪が降る理由、関東南部で雪が降る場合の気圧配置など、興味深い話を聞きました。
・雪の結晶作りには多少時間がかかるため、前もってドライアイスなどを使って雪の結晶作りの準備をしておきました。雪の結晶はどうなったかな?
 全員、きれいな雪の結晶を作ることができましたね。
 
さまざまな気象現象や地球温暖化、防災の話などにみなさん真剣に耳を傾け、クイズに答えていました。また数々の興味深い実験に驚きと感激の声があがっていました。

カテゴリ:平成30年度

投稿日:2018年11月15日

都会でできる自然観察~楽しみ方の話と花・鳥の観察

カテゴリ:平成30年度

投稿日:2018年11月07日

 平成30年10月21日(日)こみゅにてぃぷらざ内でのお話と八潮団地内や、なぎさの森にて野外観察を行いました。
講師は、NPO法人自然観察大学学長の唐沢孝一先生です。
15名の皆さまにご参加いただき、お天気にも恵まれ、教室での講義と野外を散策しながら、植物や鳥などについて貴重なお話を伺うことができました。

☆自然の楽しみ方
 まず、先生が来がけに見つけて下さったツユクサについて説明がありました。
ツユクサは道端や空き地に生える一年生草本です。花弁の汁を衣類に染めたことから古名はつき草〔着草〕と言うそうです。
  
 ツユクサには雄しべだけの雄性花と、雄しべと雌しべの両方がある両性花というものがあるということ、そして昆虫の受粉が得られない時は、花を閉じる時に雄しべや雌しべが曲がり始め、花弁やがく片が花粉を閉じこめ受粉することが出来るなど、したたかな生き方をしていることを知りました。
これは同花受粉と言ってオシロイバナやホトケノザにも行われているそうです。

 次は先生が講座の前に行った下見で見つけたアカトンボ(アキアカネ)のお話です。卵を持っているメスです。トンボの翅(はね)を傷つけないように中指を翅と翅の間に挟む持ち方などを教えて頂きました。
他にも自分の周りのちょっとした所にある自然とのふれあい方や、植物と環境との関わりを教えて頂きながら、「人間の存在そのものが環境である」こと、というお話を伺いました。

☆日本海の小島の渡り鳥
     
 石川県輪島市から50kmの距離にある舳倉島(へくらじま)には日本海を渡って休憩する島としてたくさんの種類の鳥達が集まります。人との距離が大変近く、人と鳥との距離を観察すると、鳥が人をどのように見ているのかが分かる、とのお話でした。

☆野外観察(八潮周辺~なぎさの森)
 いよいよ参加者の皆さんと野外での観察に出発です。
まず八潮周辺の雑草(イヌビエ、カヤツリソウなど)の繁殖力やクズノの葉の開閉について観察しました。日照りの時の水分の調節にとって重要です。
            
歩いている先々で、様々な植物の興味深い生態に参加者の皆さんは興味を持って聞き入っていました。
 
大きなサギを発見!みんなで写真撮影。ずっと動かずにいてくれました。

ジョロウグモの網をみつけ、大きな雌と小さな雄を観察しました。雌のジョロウグモに雄が接近すると餌と間違えられて捕食されることがあるそうです。どうしたら捕食されずに接近できるのか・・・、とても興味深いお話でした。また、先生が音叉(おんさ)を鳴らして網に触れると、獲物がかかったと思い近寄ってきました。振動が縦糸を通してクモに伝えられているのです。右上の写真はクモの卵のうです。
 この他に、葉の裏を枝でこすると字が書けるハガキの木と呼ばれているタラヨウの木を見つけたり、たくさんの動植物に触れ、時間を延長するほど充実した観察会となりました。
また、このなぎさの森は人工の島に植物を移植して造成したもので、約30年が経過しました。今後、さらに年月をかけて変化して、いずれは自然の森に近づいていくそうです。
 このように、都会の身近なフィールドで、だれもが出来る自然観察の楽しみ方を教えていただきながら講座を終了しました。

☆アンケートより
 ・講義と森での実際の観察がとてもわかりやすく、植物や昆虫の知識が豊かになりました。
 ・ユーモアをまじえ平易な語り口でとても解り易かった。実際に外で見聞きしたことは、さらに
良く理解できた。前にも増して自然に興味がわいてきた。
 ・知らないことがたくさんあって、お話も楽しくてとても良かったです。散歩も楽しくなりそうです。
 ・いままでにない学習講座で楽しく参加できました。先生のユーモアのあるトーク説明等良かった。
【参考文献:唐沢孝一著 目からウロコの自然観察】

カテゴリ:平成30年度

投稿日:2018年11月07日

「しながわ区民公園でミニ里山体験と自然観察」

カテゴリ:平成30年度

投稿日:2018年10月25日

 平成30年10月14日(日)しながわ区民公園にて、環境学習講座「しながわ区民公園でミニ里山体験と自然観察」が開催されました。講師は森林インストラクターの“しんちゃん”こと田中真次先生と“こんちゃん”こと昆野和弘先生。曇りがちのお天気でしたが、14組の親子が2グループに分かれて秋の草木に触れ、遊びながらさまざまな事を学びました。

■公園の自然観察


公園内の草木を見て、触って、その特徴をたくさん教えていただきました。

■ヘビニョロニョロ遊び
 先生が用意したクズの茎にシャボン玉液をつけて、吹いた泡をヘビのように長くする競争です。「買うおもちゃ」ではなく、まわりにある自然のものを遊び道具にしてもこんなに楽しいのです。
 

■カモフラージュ・ゲーム
 先生が事前に隠しておいたアイテムを探すゲームは大人も子供も夢中になりました。昆虫などが自然の中で敵に見つからないように「カモフラージュ」を使って、どんなふうに隠れているかを学びました。

■講座の最後は「目玉ギョロギョロ遊び」
 自分で拾った葉っぱに目玉をくっつけて、楽しみました。

                                                  以上

カテゴリ:平成30年度

投稿日:2018年10月25日

「おもちゃde おしえて!遊んでエコ工作」

カテゴリ:平成30年度

投稿日:2018年10月03日

平成30年9月16日(日)、環境学習講座「おもちゃde おしえて!遊んでエコ工作」を開催しました。講師は、株式会社バンダイ出前授業インストラクターの松﨑さんと石川さんです。株式会社バンダイさんは、おもちゃを題材にして環境について子どもたちが学べる出前授業プログラムを展開されています。
講座は前半はDVD映像を使った講義、後半はエコ工作を体験しました。
      
<講義>
子どもたちにとって身近な「おもちゃ」に取り入れられている、環境への配慮について、DVD映像を見ながら学びました。
①エコの3Rとは?
かぎりある資源を大切にするために重要な3つのキーワード「Reduceリデュース、Reuseリユース、Recycleリサイクル」の最初の文字R(アール)をとって、3R(スリーアール)と呼ばれています。
☆ Reduce(リデュース)=材料や捨てるゴミを減らすこと。(エコバッグを使うなど)
☆ Reuse(リユース)=捨てずに、くり返し使うこと。(使用済空き箱で工作をするなど)
☆ Recycle(リサイクル)=捨てずに再資源化すること。(ペットボトルを分別するなど)

②だれにでもすぐできるエコ活動は?
みんなが学んだ3Rを自分の身近なことに置きかえて、思いついたことをワークブックに書いて、それを発表しました。みんな積極的に手を挙げ、たくさんの意見が出ました。

      
発表の一部
・リデュース: 割り箸の代わりにマイはしを使用、水道や電気の節約など。
・リユース: 洋服のリメイク、お風呂のお湯の再利用、古布を雑巾に、など。
・リサイクル: 缶の回収、電子機器部品用のレアメタルの回収など。

<エコ工作>
後半のエコ工作では、捨ててしまうものをもう一度見直して、楽しいアイディアで再利用します。バンダイのカプセル玩具、ガシャポンの空カプセルと工場から出た廃材を組み合わせて、オリジナルのはんこを作りました。


           
身近なおもちゃをヒントに、環境について学べるおはなしは、学ぶだけでなく、自分で考える力が身につきます。今回、参加してくれた方は限りある地球の資源を大切にしなくてはいけないことを意識することができたのではないでしょうか。

カテゴリ:平成30年度

投稿日:2018年10月03日