品川区の環境ポータルサイト

ECOトピックス

品川区内でのエコな出来事をレポートします!

品川区の紅葉(もみじ)

カテゴリ:平成28年度

投稿日:2016年11月30日



 11月下旬、品川区内の公園で、紅葉したもみじを観賞してきました。この時期、最後の紅葉観賞が楽しめる時期で、桜の紅葉はほとんど終わっていました。東京の今年11月の気温は平年に比べ1℃近く低く、その分紅葉の時期は早かったのではないかと思います。一方、昨年は平年に比べ2℃近く高く、かなり遅くまで紅葉見物ができたようでした。

このように、自然の営みから季節の到来を知らされることが多いように思います。【東京 11月の日ごとの平均気温】 


池田山公園(撮影
1125日)

 

戸越公園(撮影1125日) しながわ区民公園(撮影1125日)

御殿山トラストシティ・御殿山庭園(撮影1127日)

(環境情報活動センター取材)

 

カテゴリ:平成28年度

投稿日:2016年11月30日

大井町駅西口イルミネーションの点灯と照明器具のLED化

カテゴリ:平成28年度

投稿日:2016年11月25日

 環境にやさしいLEDライトが、大井町駅西口に彩りを添えています。
10月29日に点灯式があり、来年1月9日まで毎日楽しむことができます。
このイルミネーションは、約16万球のLED電球が、区役所通りからJR大井町駅西口までと、西口バスロータリー周辺にあるケヤキ、球体のオブジェに、さらに低木にも設置されており、大井町駅周辺に幻想的な光を放っています。
 今年は同駅東口のペデストリアンデッキにもイルミネーションが施されており、こちらは3月下旬まで楽しむことができるということです。
 
 

 LEDライトが消費電力の節約になることはよく知られていますが、現在どれくらい普及しているのでしょうか。また、今後の普及はどうなのでしょう。
ある調査によると、LEDの普及率(ストック)は2013年8月現在で23%とあります。 
一方、経済産業省のエネルギー基本計画によると、「今後大幅な省エネ性能の向上が見込まれる高効率次世代照明(LED照明、有機EL照明)については、2020年までにフローで100%、2030年までにストックで100%普及させることを目指す」とあります。
「LED照明産業を取り巻く現状 2012年11月29日」
  (経済産業省商務情報政策局 情報通信機器課)
今後10~15年で照明器具のほとんどがLEDになっていることになります。
「フローで100%」 :照明器具は出荷段階でほとんどLEDにする。(部品は除く)
「ストックで100%」:使われている照明器具をLED100%にする。

カテゴリ:平成28年度

投稿日:2016年11月25日

「えこえこまつり2016」開催

カテゴリ:平成28年度

投稿日:2016年11月24日

 平成28年10月29日(土)、大井倉田児童センターで「えこえこまつり」が開催されました。10年以上続いているこのイベントの今年のテーマは、「‘遊び’と‘体験’を通して‘かんきょう’ってなんだろう? みんなですこし考えてみよう!」です。
当日は約300人の児童、幼児と保護者の参加があり、法政大学の学生ボランティアの協力もあって盛大に開催されました。

1.ステージショー
(1)環境戦隊エコレンジャー登場
 様々な自然の力を持った戦士が、ごみのポイ捨てなどと戦う内容です。2ステージ構成で、前半でゴミをポイ捨てした子どもがさらわれ、後半で助け出すといった構成で、必殺技も「3R」を意識している技でした。

(2)自然・環境科学実験
 ①空気には重さがある ②ペットボトルで雲作り ③空気砲 ④気圧を感じよう などふしぎがいっぱいの実験にみんなくぎづけで、ペットボトルで雲作りや空気砲を実際に試してみました。

2.個別コーナー
それぞれのコーナーでは楽しい体験が出来ました。
(1) 不思議実験室!・・・虹模様の見える「分光シート」のおみやげもありました。
 ①斜めに立つ350ml缶 ②宙に浮くコップの水 ③水でへこむペットボトル 
   ④二酸化炭素は空気より重い ⑤万華鏡いろいろ ⑥光の三原色
(2)牛乳パックからエコはがきを作ろう
(3)たたたタワー~廃材でめざせ建築家~

   (1) 不思議実験室!   (2) エコはがき作り     (3) たたたタワー

参加者のみなさんは午後のひと時を楽しんでいました。

カテゴリ:平成28年度

投稿日:2016年11月24日

第29回しながわ夢さん橋2016

カテゴリ:平成28年度

投稿日:2016年10月17日

 平成28年10月8・9・10日の3日間、大崎駅周辺において「第29回しながわ夢さん橋2016」が開催されました。このイベントは「ひと・まち・企業が奏でるシンフォニー」をテーマに地元の人々と、地域のお店や企業、地方の生産者の方々が一つにつながる大崎の“手づくりイベント”です。

 8日は展示・青空バザール・ステージイベントなどが行われ、あいにくの雨模様のなかでしたがたくさんのお客さんで賑わっていました。ステージでは日本音楽高等学校の生徒さんによる歌や演奏が行われ、素敵な音楽と共にイベントを楽しむ事ができました。また、消防車やショベルカーに乗れる体験ではたくさんの子供たちが目を輝かせていました。
  

 青空バザールでは、当センターで講師としてお世話になっている「リメイク絆」の皆さんが出展されていました。
 
 使わなくなった着物やネクタイ・タオルなどの古布を使って、服やバックなど素敵な作品を作っている団体さんです。午前中の激しい雨の中でもたくさんのお客さんが来てくださり、開始2時間でだいぶ売れたそうです。
 
     
 素敵な作品たちはリメイクだからこそできる安さで販売されていました。お話し中の「捨てちゃダメよ」という言葉がとても印象的で、捨てる前にまずは再利用を考える事がエコにつながる事を感じました。

カテゴリ:平成28年度

投稿日:2016年10月17日

秋桜まつり開催(立会川・勝島運河環境美化運動20周年記念)

カテゴリ:平成28年度

投稿日:2016年10月03日

 平成28年9月11日(日)、勝島運河土手(東大井2丁目6番~7番地先)において、NPO法人しながわ花海道主催「秋桜まつり」開催され、あいにくの雨模様のなか、コンサート、盆踊り大会、運河クルーズなどが行われました。「立会川・勝島運河環境美化運動」の一環で、設立から20周年の記念行事でした。

 しながわ花海道は2002年品川区立会川、鮫洲両商店街の有志が中心となり、「しながわ花海道プロジェクト」の名称で活動を開始しました。勝島運河の護岸約2kmに菜の花やコスモスを植え、お花畑にするとともに、護岸上部の清掃を進め、地域住民の憩いの場所や地域の活力につながる場所づくりを目指しました。2016年5月NPO法人しながわ花海道として、さらなる活動をスタートさせました。

活動を始めた2002年頃、この勝島運河は大変汚れていましたが、現在では多くの方々が歩道の散歩を楽しむようになり、菜の花とコスモスが咲き乱れるころには遠方からの観光客も増え、観光資源としても注目されてきています。さらに周辺には坂本龍馬像、浜川砲台、鈴ヶ森刑場跡などのほか、しながわ水族館、大井競馬場などもあります。

 

よさこいのコンサートでは、狭い運河沿いのステージで8名の踊り手ほか、旗を振る方も大活躍でした。民謡のコンサートでは、地元の大塚文雄一門8名が華麗な歌声を披露しました。

雨に降られた運河沿いの道には模擬店、売店のほか花海道周辺の写真パネルの展示がありました。東大井在住の方が撮影した写真は、ユリカモメ、コサギ、コアジサシ、ホシゴイなどさまざまな鳥、コスモス、菜の花、芝桜はもちろんダリア、オニユリ、バラなどの花が表現され、自然豊かな勝島運河がよく分かりました。

乗船した30分間の運河クルーズは、大人500円、子供300円、未就学児は無料。屋形船から見上げる花海道はいつもと違った印象で、写真にあったコサギが川の中にいてびっくり。カワウが桟橋の杭の上に止まっていました。そして大井ふ頭海浜公園、品川清掃工場に加えて、遠くにはレインボーブリッジが眺められました。

花海道にはごみが落ちていません。活動が始まったころにはドブ川のようだったという話を聞いたことがあります。20年で美しくなった勝島運河沿いの道を誇らしく思いました。
 

 

カテゴリ:平成28年度

投稿日:2016年10月03日