品川区の環境ポータルサイト

ECOトピックス

品川区内の出来事を中心に、エコなトピックをレポートします!(ECOトピックスのトップへ戻る

JAL工場見学~SKY MUSEUM~にてエコ探し

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年07月21日

 令和元年7月9日、羽田空港・新整備場の「JAL工場見学 SKY MUSEUM」に行って参りました。航空教室・展示エリアタイム・格納庫見学の3部構成で、航空教室では主に空港や機体の基礎知識、ボーイング社の機体製造過程を視聴しました。

 展示エリアで「何かエコ要素的な情報はありますか?…燃費とか?」と伺ってみたところ、軽量化のための関連素材の向上、大気観測の測定器を乗せた機体には緑のロゴが入っている事や、燃費向上・騒音低減を可能にしたエンジンのファン・ブレードの展示を教えて下さいました(ファン・ブレードはその機能美を評価されてニューヨーク近代美術館にも置いてあるとか…)。また衣料品からのバイオジェット燃料の製造を試みていて、「2020年にチャーターフライトを運行予定」だという表示もありました。

ファン・ブレード   バイオジェット燃料について   カーペット

格納庫ではダイナミックなジェット機に目を奪われてばかりでしたが、通路に機内と同じカーペットが敷かれていて、それが客室乗務員や機長の制服からリサイクルされているという説明もありました。燃えにくい素材で出来ているそうです。
 全体が飽きさせない構成で「もう少し見ていたいのに~」という方がリピーターになってしまうのもうなずけます。個人的にはグッズ売り場での一品「PLANE TAG」に惹かれました。引退した機体から作られていて、色や厚さがそれぞれ違う一点もので、どの航空会社の機体だったのかがトレース出来るようになっている点や、加工の手間を想像すると貴重な感じがたまりませんね。


迫力のメンテナンス中エンジン  デザインがかっこいい!プレインタグ

 帰宅してからネット検索して見ると、気候変動解明のための大気観測の研究内容、バイオジェット燃料の活用についての詳細ほか、たくさんの取組みについて載っていました。
(JALの環境への取り組みについて→https://www.jal.com/ja/csr/symbiosis/)

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年07月21日