品川区の環境ポータルサイト

ECOトピックス

品川区内の出来事を中心に、エコなトピックをレポートします!(ECOトピックスのトップへ戻る

‘しながわECOフェスティバル2018’開催

カテゴリ:平成30年度

投稿日:2018年06月19日

 5月27日(日)晴天の下、しながわ中央公園・中小企業センターで‘しながわECOフェスティバル2018’が開催されました。当日の東京の最高気温は26.9℃でしたので、会場のしながわ中央公園では場所によってかなりの暑さを感じました。
今年は、多目的広場(ヘリポート部分)も会場として使用されたため、これまで以上に広い会場となりました。そのためもあってか、過去最多数の来場者があったようです。
(1) 小学生が保護者と参加したワークショップ
 ペットボトルを使った「雲作り実験」や、シロの葉で作る「バッタ作り」、端材を使ったものづくり体験などが行われていました。

(2)その他の楽しいゲームや工作

(3)食品ロスの削減
 模擬店や食品を販売するコーナーのごみ・資源回収場所では、食べ残しなどの食品ロス削減を呼びかけていました。ごみは持ち帰りが原則です。ごみの量は年々減少しているそうですが、今後も更に減らしたいですね。これには参加者皆さんの協力が第一です。
また、家庭で眠っている食品を集めるフードドライブも行われていました。フードドライブとは、賞味期限・消費期限内の食品を持ち寄っていただき、社会福祉協議会等へ寄付し、子ども食堂等で利用してもらうというものです。

(4) エコカー乗車体験
 燃料電池車、電気自動車といった今後が期待されるエコカーの試乗会がありました。
試乗した人は「非常に静かで、快適な乗り心地でした」とのことでした。

燃料電池車は、水素と酸素の化学反応を利用して発電し、モーターを回して走ります。走行時に排出するものは水だけで、二酸化炭素や有害ガスを出さないことから、非常に環境に優しい自動車とされています。
電気自動車も非常に環境に優しい自動車で、電力でモーターを動かすという点は燃料電池車、電気自動車とも共通していますが、自宅のコンセントから充電することができるというメリットもあります。
(5)使用済み天ぷら油の回収(左下)
 使用済み天ぷら油の処理には頭を痛めることがあります。区では月2回の拠点回収でも行われていますが、本部付近に使用済みてんぷら油回収機「ゆかいくん」が置かれていました。

(6)再生園芸土の無料配布、及び不用園芸土の回収(右上)
 土はごみとして出すことはできません。月2回の拠点回収時に出すことになります。当日は不用になった園芸土の回収をしていました。再生園芸土は、拠点回収された不用園芸土を殺菌し、肥料を加えた土です。
その他にもさまざまな企画があり、参加者は楽しい1日を過ごすことができたと思います。

カテゴリ:平成30年度

投稿日:2018年06月19日