品川区の環境ポータルサイト

ECOトピックス

品川区内の出来事を中心に、エコなトピックをレポートします!(ECOトピックスのトップへ戻る

平成29年度 環境表彰式

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2018年03月14日

平成30年2月24日(土)、平成29年度の環境表彰式として、環境保全活動顕彰式・みどりの顕彰式・資源リサイクル活動貢献団体への感謝状贈呈式が行われました。
「環境保全活動顕彰」は昨年度からスタートして今年度で2回目、前身の環境大賞から数えて11回目を迎えました。区内で環境保全に関する優れた活動をされている企業、個人、団体を顕彰し、その活動を広く区民の皆様に紹介することを目的としたものです。
今年度は、企業大賞1件、企業賞1件、地域大賞1件、地域賞3件が選ばれました。
 「みどりの顕彰」は、「みどりの顕彰制度」として平成10年度からスタートし、今年度で20回目を迎えました。この「みどりの顕彰制度」は、品川区みどりの条例の規定により提出される緑化計画書に基づいて、その中で地域の環境や景観の向上に資するような、優れた緑化を行った方々を顕彰し、区民の皆様の緑化に対する意識の向上を図るために設けられた制度です。
今年度は、緑化大賞1件、緑化賞2件が選ばれました。
 また、平成4年から実施しております地域での資源集団回収事業の中で、日頃からごみの減量と資源の有効活用に関して、特に貢献のあった10団体に対して感謝状が贈呈されました。

☆「環境保全活動顕彰」
【企業大賞】 東洋製罐グループホールディングス株式会社
 「容器の環境対応と3Rの啓発活動~容器文化ミュージアム~」
日本初の容器専門会社として、容器の歴史と文化を伝えるため、平成24年に容器文化ミュージアムをオープンし、容器の環境対応と3Rの啓発活動を行っておられます。
同社は1917年に創立され、「包装容器」の製造を主な事業としておられます。
現代の社会生活においてなくてはならない缶、ペットボトル、紙コップ、ガラスびんなど、あらゆる容器を製造している会社です。
日本初の容器専門会社として、容器の歴史と文化を伝えるため、本社ビル1階に容器文化ミュージアムをオープンされました。ここでは、専門性を生かした「情報」「映像」「展示品」などで、身近な「容器」のことを親しみながら学ぶことができます。また、市民と企業のコミュニケーションの場となるよう、誰でも無料で利用することができます。

ミュージアムには環境コーナーが常設され、(左下写真の)左側が環境に配慮しながら生産した容器である「環境配慮容器」の紹介と説明、(同)右側が使用後の容器が何に生まれ変わるかなどの「容器の3R」についてです。

毎年、夏休みには2日間のイベントを開催しておられます(右上写真)。使用済みの容器を材料とする「エコ工作教室」では、「紙コップを使ったけん玉」「空き缶を使った太鼓」などを作りました。学校の「修学旅行」や「課外活動」の利用もあるということで、今後は学校に出向いて行う「学校教育」への参加を検討しておられるということです。
2年前には、私ども環境情報活動センターも、容器文化ミュージアムで環境学習講座を開催させていただき、多くの参加者の方々に楽しんで頂きました。

【地域大賞】 宮前フラワーズ
 「宮前花広場の集い」
平成23年から宮前花広場にて花壇の手入れや清掃活動を行い、地域にうるおいとやすらぎを提供しておられます。雑草の生えているような汚れた公園では防犯上、問題があると考え、いつもきれいにしておきたいという思いから、花壇作りを始められました。そのうち、高齢者や子育て世帯、ビジネスマンの休憩所として、賑わうようになりました。
     
花壇の手入れは、品川区高齢者クラブ連合会の老人クラブ松葉会の皆さんが、毎日2~3人交替でしておられます。花の手入れは認知症の予防になるとテレビで聞いたとのことで、乾いた花壇にシャワーホースで水をあげると気分爽快になるそうです。また、雑草を抜いたり、花柄を摘んだり、しゃがんだり立ったりするのは足腰の鍛錬になるとことです。
このような経験が役立つ人はだれかと考えると、子供たちだと考え、小中学生に花壇設計してもらい、高齢者が平日に花を育てるというスタイルがいいなと思っているとのことです。
【企業賞】東京サラヤ株式会社
【地域賞】矢の橋会大井三丁目町会厚生福祉部旗の台南町会
 
☆「みどりの顕彰」
【緑化大賞】オーベルグランディオ品川勝島
 事業者:大成有楽不動産株式会社
 事業者並びに設計者:株式会社長谷工コーポレーション
 管理者:オーベルグランディオ品川勝島管理組合
多種多様な緑をバランスよく、建物を囲むように植栽し、その多くが道路にも面していることから、お住まいの方だけでなく通行する方々にも緑のオアシスを感じて頂けるようなボリュームのある緑を創造されました。
デザインコンセプトは、以下の3点です。
・高密な都市環境の中で、マンションの居住者の方々に緑量と季節感を提供し、やすらぎと落着きの感じられる快適な住環境創りを目指す。
・広域的な視点から地域の水と緑のネットワークにつながる森づくりを目指す。
・緑を豊かにする事で、野鳥や蝶など都市の身近な生き物が訪れる森づくりを目指す。

 【緑化賞】 シティタワー目黒
 事業者:住友不動産株式会社
 設計者:前田建設工業株式会社
 管理者:住友不動産建物サービス株式会社
 【緑化賞】 ヒューリック大森ビル
 事業者:ヒューリック株式会社
 設計者:株式会社櫻井潔建築設計事務所・ETHNOS
 管理者:ヒューリック ビルマネジメント株式会社
 
☆資源リサイクル活動貢献団体
・ライオンズマンション大森第6管理組合
・北浜川西町会会計部
・大井第一小学校PTA
・ガーデンホーム南大井管理組合
・パレステュディオ五反田STATIONFRONT管理組合
・ライオンズプラザ五反田管理組合
・パシフィックハウス豊町管理組合
・品川大井町スカイレジテル管理組合
・ガーデンホーム南品川管理組合
・品川区立伊藤学園PTA

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2018年03月14日