品川区の環境ポータルサイト

ECOトピックス

品川区内でのエコな出来事をレポートします!(ECOトピックスのトップへ戻る

桜の開花日予想

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2018年03月12日

 今年も民間気象情報サービス(気象情報を提供している企業やNPO)が、桜の開花予想を発表していますが、簡単な予想方法として、「400℃の法則」と「600℃の法則」というものがあります。
「400℃の法則」とは、2月1日以降の毎日の平均気温を足して累計値が400℃に達した頃に桜が開花するという法則です。
また「600℃の法則」とは、同じように毎日の最高気温を足して、累計値が600℃に達した頃に桜が開花するという法則です。
 それでは、東京の2011年以降のデータを見てみましょう。

 この7年間のデータでは、実際の開花日との誤差は0~3日となっており、「法則」というだけあって比較的正確と見て良いのではないでしょうか。
この方法で今月初めに行った予想では、開花は23日(600℃)、25~26日(400℃)でした。
それは今年の2月の気温は最近数年に比べて低かったためで、その後3月上旬は気温が高くなり、開花予想日が早まりました。
なお、10日後には結果が出ているはずです。
(注)3月11日以降の予想気温は、国内外の民間気象情報サービスの予想(一部加工)を使いました。
民間気象情報サービスの予想では、今年の開花は3月21~22日が多いようです。(平年は26日)

平成30年3月12日
品川区環境情報活動センター

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2018年03月12日