品川区の環境ポータルサイト

ECOトピックス

品川区内でのエコな出来事をレポートします!

今年(平成29年)の桜・・・開花から満開まで

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2017年04月17日

 東京の桜の開花は平年より5日早い3月21日でした。東京では靖国神社の桜(ソメイヨシノ)の標本木が5~6輪開花した時に「開花した」と言います。一方、満開(花芽が8割程度、開花した状態のこと)は4月2日(日)でした。テレビなどマスコミは、4月4日(月)頃から「開花した!開花した!」と喧伝していましたが、果たして皆様のお住いの近くの桜はどうだったでしょうか。たぶん、満開の発表がなされても皆様方のお住いの近くではまだまだこれからといった状況が多かったのではないでしょうか。どうしてそのような違いがあるのでしょう。
 気象庁天気相談所に聞いてみました。気温以外に、風通しや排気ガスなど、標本木の周りの環境条件の違いや、樹齢にもよるとのことでした。一般に樹齢が長い方が早く咲くそうです。東京では、靖国神社(気象庁が東京の開花、満開を発表)や上野公園は品川区内より開花・満開が早いようです。
 環境記者の皆さんからお送りいただいた品川区内の各地の桜の写真です。
  
 私たちも満開の桜を撮りに出かけましたが、4月4日(火)は行った場所ではせいぜい5分咲き、中には開花すら疑われる木もありました。その後撮影を続けましたが、6日(木)~10日(月)あたりが満開だったのではないでしょうか。しかし、週末は花見にはあいにくの雨でした。

 開花予想には「600℃の法則」というものがあります。「2月1日以降、毎日の最高気温の累計が600℃を超えた日に桜が開花する」とする法則です。今年の場合で見てみますと、東京で600℃を超えたのは3月20日、開花日は21日で、比較的よく一致しています。しかし、多くの地区ではかなりのずれがありました。例えば鹿児島の例では、それぞれ3月12日と4月5日で、大きな違いがあります。鹿児島は東京より気温が高いので早く開花するかと思うのですが、今年の場合、東京に遅れること約2週間の4月5日でした。どうしてでしょう?夏場に形成された桜の花芽は、秋から冬にかけて一定期間低温にさらされることで眠りからさめ、開花の準備を始めます(休眠打破)。桜の開花には一定期間、低温にさらされることが重要です。鹿児島は冬場の冷え込みが弱く、咲きにくくなってきているようです。最近、種子島では開花はしたけれど満開にならないという年が何年もあるとのことです。これも温暖化の影響でしょうか。                             
                       (環境情報活動センター)

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2017年04月17日

環境学習講座・親子それぞれの楽しみがありました

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2017年04月10日

 平成29年3月18日(土)~20日(月)、品川区環境情報活動センターにおいて、春の子ども環境学習講座「いっしょに学ぼう!生物多様性」が開催されましたが、3日目の「土のひみつを解き明かそう!」に参加してくださった1組の親子(小学生とお父さん)に目が止まりました。
 当センターの講座では、原則として子ども(小学生)だけで受講する講座と、子どもと保護者が一緒に参加していただく講座がありますが、今回の講座では参加は子どもだけで保護者は後方で子どもさんの受講状況を見るといったものでした。なお、保護者が受講状況をご覧になるならないは自由でした。
私が注目したペアは講座開始の30分ほど前にお越しになりました。子どもさんは他の子どもさんと同様、熱心に講座を楽しんでいましたが、お父さんは子どもさんの動きをよく観察しておられました。
 最後に皆さんにアンケートにお答えいただきますが、お父さんのアンケートには子どもさんが実験に参加している様子がイラストで描かれていました。保護者の方が子どもさんの活動を観察することは大切ですが、こういった講座の楽しみ方もあるのかなと思いました。

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2017年04月10日

新江東清掃工場見学会

カテゴリ:平成28年度

投稿日:2017年02月14日

2017年1月25日(水)東京都環境公社中防管理事務所主催の「清掃工場・埋立処分場見学会」に行ってきました。場所は江東区にある「新江東清掃工場」(江東区夢の島3-1-1)と「中央防波堤埋立処分場」(江東区青海3丁目地先)を、大型バスで巡る参加費無料のコースで、おおむね月一回開催されています。
東京テレポート駅に朝9時20分集合、30分に新江東清掃工場に出発して施設を見学、12時テレコムセンター付近で各自昼食後、環境局中防庁舎で学習、その後中央防波堤外側埋立処分場、廃棄物処理施設を見学して、15時東京テレポート駅に戻ってくる、大変充実したコースでした。当日の参加者は成人34名、男性が多く女性は6名、年齢は幅広く、建設関係の仕事をしている方が多いように感じました。

新江東清掃工場は平成10年9月末にしゅん工し、一日当たり1800トンのごみを焼却できる大規模な清掃工場です。可燃ごみは焼却することで容積が20分の1に減り、埋立処分量を削減することができます。
工場に着いてから二つのグループに分かれて出発しました。私と同じグループの方は18名で、プラットホーム(収集車で運搬されたごみは、ここからごみバンカに投入されます)、ごみバンカ(ごみをためておく施設)、中央制御室、灰バンカ(焼却した灰を貯蔵する施設)などを見学しました。清掃工場の見学者は23区内の清掃工場全体で年間約50000人、うち45000人は社会科見学の小学生で、大人の見学者は5000人ほどだそうです。

新江東清掃工場6階から見た風景   奥の建物は夢の島熱帯植物園(手前空地は旧江東清掃工場跡地)
ごみは可燃ごみ、不燃ごみ、粗大ごみ、資源に分けられます。可燃ごみは清掃工場で焼却され、不燃ごみは細かく砕いて容積を小さくして埋め立てられます。不燃ごみの中に含まれている鉄やアルミニウムは資源になり、選別して回収されます。粗大ごみは可燃系と不燃系に分けたあと、破砕して処理されます。古紙・びん・缶・ペットボトルなどは分別回収でおなじみですが、各区市町村で品目の回収方法が異なります。

テレコムセンターで各自昼食を済ませたあと、環境局中防合同庁舎に向かい、ビデオを見ながら学習しました。庁舎のある中央防波堤内側埋立地は昭和48年から61年まで13年をかけて埋め立てが終了した78万㎡の土地です。現在は外側埋立処分場、新海面処分場が埋め立てられています。埋立は環境に配慮し、再資源を利用するよう工夫されています。埋立処分場に降った雨水は、埋め立てられたごみの層に浸み込み、処分場内に浸みだします。汚れた水を集水池に集め、その後調整池に移され、排水処理場、下水道局砂町水再生センターを経て、きれいにしてから東京湾に流されます。予算の半分は水の処理にかかっているそうです。
 
        

バスに乗って、粗大ごみ破砕処理施設など中間処理施設を見学した後、広大な埋立処分場を回りました。バスからは今まで見たことのない、荒涼とした風景が広がり、高さ30mの見晴らし台からは東京23区最後の埋立地、新海面処分場が見えました。

東京23区のごみ量は、平成元年度には490万トンと過去最高に達しましたが、その後減少を続けて、平成26年度に278万トンに下がりました。限りある処分場を一日でも長く使えるよう、ごみの減量に配慮したいですね。
新江東清掃工場を見学しているとき、火の点いた物がごみの中に入っており清掃車の火災が起こったことがあるということでした。
また、可燃ごみの中に金属・ガラス・布団・家具などの不適正なごみが搬入されると、清掃工場の焼却炉の停止や故障につながることがあるそうです。気をつけて適正な処理を心がけたいと感じました。

東京23区のごみ埋立処分場は、東京湾の中の荒川河口から多摩川河口に至る区域内にあるそうです。東側は千葉県、南側は神奈川県が管轄となり、貨物船等の航路など考えると新海面処分場が東京港内に設置できる最後の埋立処分場になります。
「埋め立て終わったら、どうするか?」という小学生の質問には、「一日でも長く埋立処分場が使えるようごみをもっと減らすよう協力してください。」と話されるそうです。大人も子どもも一人ひとりができること、3R「Reduce」(ごみになるものを減らす)、「Reuse」(捨てずにまた使う)、「Recycle」(もう一度資源として生かす)を心がけたいものです。

カテゴリ:平成28年度

投稿日:2017年02月14日

‘エコプロダクツ2016’に品川区も参加

カテゴリ:平成28年度

投稿日:2016年12月22日

  品川区も「オール東京62市区町村共同事業『みどり東京・温暖化防止プロジェクト』」の中で参加しました。
(1)品川区の環境活動紹介
①‘しながわ環境啓発ミュージカル’・・・区内の小学生がプロといっしょに熱演!
平成28年3月30日に地球環境保護をテーマとしたオリジナルのミュージカルを熱演しました。
②間伐って何?・・・区民公園をエコピクニック
しながわ区民公園では、公園内の不要な木を切る間伐で出た木材や枝、落ち葉などをリサイクルする「公園内リサイクル ゼロ・エミッション活動」を進めており、夏休みに「こどもECOツアー」を開催しました。また、間伐材を使ったワークショップも行いました。
③品川区のスタンプラリークイズ
事業として進めている「SHINAGAWA“もったいない”推進店」は、「〇〇ロス」を減らすお店を紹介する事業です。〇〇に入る言葉は・・・「食品」です。
   
(2)ワークショップ
環境情報活動センター職員(気象予報士)による「ペットボトルで“雲”を作ろう」実験を開催し、小学生から大人の方まで、30名の参加がありました。某市の市長さんも雲を作る実験に参加してくださいました。また、気圧の高低による袋菓子の袋が変化する実験もあり、小学生は驚きを楽しんでいました。
           (3)ステージ
環境保護につながる日常行動についての知識を、寸劇を通して行うオリジナル戦隊ヒーロー「エコレンジャーショー」が朋優学院高等学校アトラクション部員によって行われ、116名という多くの方々に観ていただきました。
   
(品川区環境情報活動センター取材)

カテゴリ:平成28年度

投稿日:2016年12月22日

‘エコプロダクツ2016’開催

カテゴリ:平成28年度

投稿日:2016年12月16日

12月8日(木)から10日(土)まで、東京ビッグサイトで開催されていた日本最大の環境イベント“エコプロダクツ2016~環境とエネルギーの未来展”に行ってきました。

今回は「地球温暖化対策と環境配慮」と「クリーンエネルギーとスマート社会」を2大テーマに掲げ、「エコプロダクツ」から「エコプロ~環境とエネルギーの未来展」へと進化すると伝えていました。今回はイベントタイトルにある「未来」に着目して取材を行いました。

(1)「環境未来都市」構想(「環境未来都市」構想推進協議会・2016年版資料より)

 この構想は、平成23年に内閣府が発表したもので、目指すものは、21世紀における世界共通の環境や高齢化の課題解決に向けて成功事例を創出し、それらを国内外に普及展開することを通じて、需要拡大、雇用創出、国際課題解決力の強化を図ることです。まずは環境の課題解決に向けて取り組む「環境モデル都市」(30都市)を選定し、その中から環境に加えて超高齢化の課題解決に向け、環境、社会、経済の3つの側面で、より高いレベルの持続可能な都市として、「環境未来都市」(11都市)を選定しています。実践の場を通してベストプラクティス、成功へのプロセス、失敗の経験などを共有しながら進めるとしています。

「環境未来都市」11都市の中に東北の6都市・地域が入っており、震災復興の関係で選定されたようです。
今後、各都市の活動に注目したいと思います。

    

(2)「未来」をテーマに掲げるブースの一部をご紹介します。
①新しい太陽光発電が作る未来の街 ②みんなが変える、食の未来 ③発見!未来の町の水素エネルギー ④未来の環境の為に、私たちは「水なし印刷」を選びます ⑤中小企業が希望を紡ぐ未来のECOの力(エコビジネス) ⑥自動車リサイクルで美しい未来へ!&「未来のクルマ」

   
(3)今後期待される「再生可能エネルギー」にも注目しました。
①再生可能エネルギーと固定価格買取制度についての紹介がありました。(資源エネルギー庁)
我が国の発電電力量の構成(2014年度)を見ると、水力を除く再生可能エネルギーはわずか3.2%、水力を加えても約1割と、まだまだ非常に少ないのが現状です。
まずは再生可能エネルギーにはどんなものがあるのかを、資源エネルギー庁のブースで見ました。
風力、バイオマス、太陽光、地熱、中小水力発電について、パネルで紹介されていました。
面白いところでは、「空飛ぶ風力発電機」があるそうです。安定して風が吹く上空にヘリウムで風車を飛ばすアイデアで、同サイズの風車と比べ2倍の電気が作れ、騒音も少ないなどのメリットがあるということです。

     

また、東京都は水素社会の実現に向けた取組を進めており、‘水素情報館・東京スイソミル’では、「目に見えない水素・・・見て触って体験しながら楽しく学べる総合的な学習施設です」と紹介していました。一度訪れてみたいと思います。なお、水素エネルギーは水素と酸素が反応する時に発生する電気を利用し、燃料電池自動車や家庭用としても普及が始まっています。

                                  以上

              (品川区環境情報活動センター取材)

カテゴリ:平成28年度

投稿日:2016年12月16日