品川区の環境ポータルサイト

区民環境記者レポート(記者募集中)

区民環境記者レポート(記者募集中)のトップへ戻る

« 前の記事: 商店街の夕暮れ(春分)〜心に残したい品川荏原中延昭和通り〜
» 次の記事: 桜情報

黄色い絨毯〜しながわ花海道菜の花畑〜

カテゴリ:記者レポート(平成20年度)

投稿日:2009年03月24日

品川は、東京湾に面して埋め立てが進み、平成にかけて整備された新しい品川があります。その地域と周辺の様子です。

 
 
しながわ花海道は地図では勝島運河ですが、歴史的には運河の一部が埋め立てられ、入江に似た地形の立会川河口です。河口は遊漁船の基地として、土手は桜が整備されましたが、6年程前から、地元の人たちによる「花いっぱい運動」により、お花畑に変身しました。
その後、勝島側の土手にも桜が植樹されました。菜の花の種まきは昨年秋に行われ、温暖化というよりも異常気象で、芽が出ても成長しなかったり、蕾が付いてもなかなか開花しなかったり、花が咲き揃うのが待ち遠しい毎日でした。雨水タンクの水を小まめ撒く人、散歩の人が絶えない所です。菜の花は咲き揃えば黄色い絨毯、青空を眺めながらお昼寝をしたくなります。
 
水辺では、品川区の鳥「ゆりかもめ」が休憩中でした。

先生を先頭に子供たちの散歩もありました。

北の端、鮫洲橋付近は富士山が見える場所、この日は雲に隠れていました。
風が強い所為かこの日出会った昆虫は1羽のモンシロチョウだけでした。
 
土手の桜もあちこちで開花。
大島桜がかなりあると聞いています。花と共に新しい緑の葉も姿を見せています。
桜と葉の花のお花見が同時に楽しめそうですね。


平成21年3月23日
●撮影:内田雅弘(記者NO.060104)

カテゴリ:記者レポート(平成20年度)

投稿日:2009年03月24日

« 前の記事: 商店街の夕暮れ(春分)〜心に残したい品川荏原中延昭和通り〜
» 次の記事: 桜情報