品川区の環境ポータルサイト

区民環境記者レポート(記者募集中)

区民環境記者レポート(記者募集中)のトップへ戻る

« 前の記事: 第8回環境記者情報交換会
» 次の記事: 旗台小学校でサクランボ満開〜心に残したい品川旗の台〜

フキノトウ目覚める

カテゴリ:記者レポート(平成20年度)

投稿日:2009年03月03日

東大井の散歩道に今年もフキノトウが花をつけました。
昨年は啓蟄の後、3週間ほど早い開花です。
 
 

フキは春先に、丸みを帯びた本来の葉を広げる前に、花びらのような葉に包まれた丸い筒のような花を咲かせます。筒のような花を花茎と呼び、その花茎を「ふきのとう」と言います。
アブラナやホウレンソウの葉菜やフキやケシの花茎を「とう」と呼ぶそうです。
フキは葉の柄「葉柄」が食用として出回っていますが、この花茎も食用になるとのこと。
道行く人たち、「あ!フキノトウ!天ぷらでも美味しいんだよね」との会話です。
春の息吹とは言え、もう少し休んでいればいいのに…。
なお、このフキは、民家の方が大切に育てているものです。野生ではありません。


平成21年2月16日
●撮影:内田雅弘(記者NO.060104)

カテゴリ:記者レポート(平成20年度)

投稿日:2009年03月03日

« 前の記事: 第8回環境記者情報交換会
» 次の記事: 旗台小学校でサクランボ満開〜心に残したい品川旗の台〜