品川区の環境ポータルサイト

区民環境記者レポート(記者募集中)

区民環境記者レポート(記者募集中)のトップへ戻る

« 前の記事: ロウバイが満開
» 次の記事: 池田山公園の雪囲(冬至の頃)

池田山公園の雪吊(冬至の頃)

カテゴリ:記者レポート(平成20年度)

投稿日:2009年01月19日

池田山公園、冬恒例の雪吊が行われました。今年も昨年同様冬が何時来るのか判らないような気候ですが、温暖化というより異常気象、暑い日が続くといっても突然10℃近くも気温が下がったりするこの頃、まさかの大雪も覚悟しなくてはならない気象状態です。

 雪吊は、雪の重みで松の枝が折れないように縄を使って保護する冬の行事ですが、枯れ木の多くなった冬の庭園では、緑の松に映える芸術品になります。
池田山公園の松の木は斜面にあり、職人さんの腕の見せ所です。

雪から守る形、見た目にも綺麗な円錐形を作るには、木の大きさによって、柱の高さ、縄の数を決めて、作業にかかります。柱、縄の準備が出来たら、柱の頂上に、見た目にも美しい縄が広がるように、順序良く丁寧に並べて縛ります。雪吊の最も重要で手間のかかる作業です。
円錐型の台座になる細竹も準備、円周になる竹は、1本の長い竹を割って準備します。
 

柱を、円錐型の中央部になると思われる場所に埋め、柱に松の木をあちこちで括り付けます。

次に円錐型の台座になる部分、松の枝の下部に細竹を松の枝や幹、柱等に固定します、松の枝ぶりは木によって様々、見た目に美しく仕上げるには、斜面の池田山公園では、大変な作業です。竹を支える人、固定する人に分かれて行います。
以上の下準備が出来たら、縄を円錐型に仕上げる作業です。
 

梯子と竹で作った庭師用の脚立でも、手が届くのは中ほどまで、柱の頂上から縄を解かすには、木に登っての作業です。
木の上で、順序よく一本ずつ解しながら、下に下ろします。

下では、竹竿に絡ませて縄を受け、台座の円周に仮止めをしていきます。
仮止めが終わったら、縄の長さを揃え、仕上げの留めを行います。
  

12月23日の朝から二人で始められた3本の松の木の雪吊作業は、24日午前中には仕上がりました。
本来の気候であれば、東京の降雪は大雪の頃、雪吊の準備ももっと早い時期に行われています。紅葉も終わり、枯れ木が多くなって、見通しが良くなった池田山公園、冬の花々に変わる日本の職人の伝統芸術品が、庭園を飾ります。
 

期日:平成20年12月24日
●撮影:内田雅弘 (記者NO. 060104)

カテゴリ:記者レポート(平成20年度)

投稿日:2009年01月19日

« 前の記事: ロウバイが満開
» 次の記事: 池田山公園の雪囲(冬至の頃)