品川区の環境ポータルサイト

区民環境記者レポート(記者募集中)

区民環境記者レポート(記者募集中)のトップへ戻る

« 前の記事: りんしの森公園ナイトハイク?
» 次の記事: 白露の頃

第8回まちづくり事業展

カテゴリ:記者レポート(平成20年度)

投稿日:2008年09月19日

しながわ中央公園と品川区役所防災センターで、まちづくり事業について紹介する行事、まちづくり事業展が2日に亘って行われました。
 
9月6日午前10時しながわ中央公園で開会式、品川区本間副区長他の挨拶の後、子供たちによる開会のくすだま割り、品川区の「区の木、花、鳥」制定30周年記念写真展の表彰式等も行われました。今年のテーマは「安心安全のまちづくり」で、今回は、2016年の東京オリンピック招致を盛り上げたいと、アドバルーンも掲げられました。
                           

まちづくり事業の展示紹介の多くは、防災センターです。
                                  

皆の関心は住宅問題、受付横で多くのパンフレットが配布され、耐震化に関する相談が行われました。ビル、マンション、木造住宅の耐震化、耐震シェルター等、色々あります。耐震偽装設計問題や、各地での大地震により、関心が高くなっているようです。
                          
 
分譲マンションに関する相談には多くの人がつめかけました。
                                            

現在、商店街や個人で行われている雨水タンクの設置にも、多くの人が詰掛けてい ました。異常気象に対しての環境問題です。
                               
 
会場の一角には、鉄道模型が置かれ、模型の電車も動いています。子供たちは、模擬の運転を楽しんでいました。しおり制作の指導も行われていました。
                                           

しながわ中央公園では、水道局による水の安全性の説明、下水道局による雨水の排水設備を浸透式にして、雨水を直接下水に流さない方法の説明、アンケート等も行われました。水害の際、水圧でドアが開かないことの体験装置もありました。


  
子供たちには、ミニ電車や、ふわふわ    しながわ水族館からはペンギンも出張です。
ドームが準備され、親子で楽しんでい
ました。
                        

  
綿飴やヨーヨーにも大勢の子供たちが    小型のショベルカーでの記念撮影
集まりました。                   もありました。

                                           

シートベルト体験コーナーもあり、子供たちが体験していました。


平成20年9月9日
●撮影:内田雅弘(記者NO.060104)

カテゴリ:記者レポート(平成20年度)

投稿日:2008年09月19日

« 前の記事: りんしの森公園ナイトハイク?
» 次の記事: 白露の頃