品川区の環境ポータルサイト

過去の講座を紹介します

環境情報活動センターでは、毎月2〜3の環境学習講座を開催しています。リサイクル講座・木の実などを使ったクラフト講座・自然観察などのフィールドワーク・夏休み子ども講座・環境教養講座など、多彩な内容でお送りしています。 このコーナーでは、講座のレポートを掲載していきます。 (過去の講座を紹介しますのトップへ戻る

« 前の記事: よく分かる「食料問題にも環境問題がかかわっている話」
» 次の記事: 夏休みこども環境講座〜自然たいけん隊〜

キッチンからはじめるエコロジー〜地球にやさしい旬の料理をつくろう〜

カテゴリ:平成22年度

投稿日:2010年08月19日

 平成22年8月9,10,11日の3日間、夏休みこども環境講座『キッチンからはじめるエコロジー、地球にやさしい旬の料理をつくろう』を、品川介護福祉専門学校内の調理実習室で開催しました。例年人気の講座です。
東京ガス、エコ・クッキングインストラクターの方の解説でまず、「買物→料理→片付け」に関するエコロジーの勉強をします。
  
旬の物を食べる、なるべくゴミの出ない包装を選ぶ、生ゴミを濡らさない、ガスの火はナベ底をはみ出さない、ナベ蓋をする…などは覚えて習慣付けたいですね。

いよいよ実習です。今回のメニューは「ドライカレー&キャロットオレンジ寒天」です。ちゃんとエコロジーに気をつけながら作れるかな?
    
   
野菜は使えるところぎりぎりまで…、捨てるところはほんの少しです。人参は皮ごとすりおろします。生ゴミは流しで濡らしてしまわずにチラシで作ったゴミ箱に入れます。火加減に注意しながら、水を加える時、容器を濯ぎながら加えます。
 

ヘラを使って無駄なく流し込みます。ごはんは食べられる分だけ盛りましょう。
 

全部の班が勉強したことを意識しながら作ることができたようです。残さず食べるのもエコロジーですね。いただきます♪
   
お皿や容器・道具類は古布でまず汚れを拭いてから洗います。こうすることで8割がた汚れが落ちたことになるそうです。水は出しっぱなしにしないで、今回はボールに洗剤を薄めてやりました。濃いままでムダに泡立て過ぎるのはよくありません。流しは川や海に繋がっているイメージを持ちましょう。

   
ゴミを減らす、水を汚さない…習った事をすぐ実践していく楽しくおいしい講座でした。

カテゴリ:平成22年度

投稿日:2010年08月19日

« 前の記事: よく分かる「食料問題にも環境問題がかかわっている話」
» 次の記事: 夏休みこども環境講座〜自然たいけん隊〜