品川区の環境ポータルサイト

過去の講座を紹介します

環境情報活動センターでは、毎月2〜3の環境学習講座を開催しています。リサイクル講座・木の実などを使ったクラフト講座・自然観察などのフィールドワーク・夏休み子ども講座・環境教養講座など、多彩な内容でお送りしています。 このコーナーでは、講座のレポートを掲載していきます。 (過去の講座を紹介しますのトップへ戻る

« 前の記事: さき布からぞうりを作ろう
» 次の記事: 極寒の地に生きるシロクマと温暖化

親子で楽しみながら学ぶエコゲーム

カテゴリ:平成22年度

投稿日:2010年05月02日

 5月2日(日)品川区環境情報活動センターにおいて、環境学習講座「親子で楽しみながら学ぶエコゲーム」が開催されました。講師は蟯超教育ソフトの加宮利行さん、本日のエコゲ−ムの考案者です。
今日行うゲームは、(1)すごろく式の「エコスタイルゲーム」と、(2)「省エネカード」を使ったカードゲームで、省エネや省資源について楽しみながら学ぶことができるゲームです。

(1)すごろく式の「エコスタイルゲーム」(3〜5人くらいでします)
 すごろくと同じように、サイコロを振り、止まったマス目の指示に従いながらゴールを目ざします。

 さてスタートです。サイコロで「1」が出ました。このマスには「’鯒球を蛍光灯型ランプに変えます。CO2削減量38.1kg/4ポイント」と書かれています。ここに書いてあることを読み上げてから4ポイントを獲得しました。

更に進むと「(R-4)面倒なのでゴミの分別をしないことがあります」のマスに止まりました。ここには「−4ポイント」と書かれていますので、これを読み上げ4ポイントを返します。最高6ポイント(太陽光発電のモニターに選ばれ設置します)から最低の−4ポイントまであり、環境への貢献度によってポイントが決められています。またここに書かれている「行動とCO2削減量や節約金額の大小を覚えておくと、この後で行うゲームが有利になります。
(R-2)「生ゴミを水切りして減量しています」は4ポイント、(R-3)「マイバッグを使い、レジ袋を削減しています」は2ポイントです。生ゴミの水切りは是非して欲しいと思います。
 ゲームの途中にはサイコロの目がいくつであっても、そのマスを通過する場合は全員が止まるマスや、止まったマスの中でもう一度サイコロを振り獲得ポイントが異なるマスもあり、変化を楽しみながら進めることができました。
4人で行った場合、1・2・3番と最後にゴールした人それぞれが順位ポイントを獲得します。全員がゴールするまで行い、マス目で獲得したポイントと順位ポイントの合計で順位が決まります。


  ゲームに熱中しています     講師の加宮さん/ポイントをいただきます

(2)省エネカードゲーム(3〜5人くらいでします)
 このゲームは家電機器の省エネ法とその電気使用量の節約金額を学ぶことができるゲームです。
カードは全部で32枚ありますが、ゲームをする人の年令によってカード枚数(偶数)を調節します。
「神経衰弱」というトランプゲームがありますが、それに近いやり方です。しかし「神経衰弱」では2枚同じ数字のカードをめくったときにその2枚をゲットできますが、このゲームでは最初にめくったカードよりも後でめくったカードの節約金額が大きい場合にその2枚のカードがゲットできるというものです。
実際にやってみましょう。(20枚を使うとします)
20枚のカードをすべて青文字の面を上にして机の上にばらばらにして置きます。
最初の人が<Q-14>を読みながらとり上げ、裏(赤文字)を見ると「年間でへらせるCO2量は19.9kg/年間・電気料金の節約金額 約960円」とあります。次に<Q-1>を読み上げてめくると、約670円の節約にしかならず、カードをもらうことはできません。次の人は<Q-1>以外のカードを選ぶことができますので、<Q-14>を選び、その後<Q-30>を選びました。このカードはなんと約13,290円の節約で、<Q-14>より多くの節約ができますので、この2枚のカードをゲットします。これでエコドライブは大変環境にやさしく、お金の節約になるということが分かりました。
       (表)               (裏)



(データ出典:(財)省エネルギーセンター『家庭の省エネ大辞典』)

 繰り返しやっているうちに、どのカード(どういった行動)がCO2をへらし、節約金額が大きいか、皆さん分かってきたようです。
最後に残った2枚はその前にカードを取った人のものになります。
順位の決め方は、カードの合計節約金額あるいはCO2量で決めます。

 楽しみながら、知らず知らずのうちに省エネや省資源について勉強することになりました。今日やったゲームはおみやげとしてお持ち帰りいただきました。家に帰ってもう一度お父さんお母さんと一緒にやってみましょう。「お母さんに知ってほしいね」といった声も聞かれました。
なお、講師から(1)の「エコスタイルゲーム」を10セットいただいていますので、ご希望の方は当センターまでお越しください。なおなくなり次第このプレゼントは終了させて頂きます。

カテゴリ:平成22年度

投稿日:2010年05月02日

« 前の記事: さき布からぞうりを作ろう
» 次の記事: 極寒の地に生きるシロクマと温暖化