品川区の環境ポータルサイト

過去の講座を紹介します

環境情報活動センターでは、毎月2〜3の環境学習講座を開催しています。リサイクル講座・木の実などを使ったクラフト講座・自然観察などのフィールドワーク・夏休み子ども講座・環境教養講座など、多彩な内容でお送りしています。 このコーナーでは、講座のレポートを掲載していきます。

子ども環境学習講座 〜いっしょに学ぼう! 生物多様性〜

カテゴリ:平成27年度

投稿日:2016年04月08日

平成28年3月19日(土)〜21日(月)、品川区環境情報活動センターにおいて、春の子ども環境学習講座「いっしょに学ぼう! 生物多様性」が開催され、小学生67名(3日計)が、ゲームや工作、解剖などを通して生態系や生物多様性、環境問題について学びました。
講師は、進学教室SAPIX環境教育センターの皆さんです。

1日目】オオクワガタすごろくゲーム〜生き物折り紙作り(小学1・2年生対象)

(1)クワガタについての基本を学習
 まずは、スライドを使って子供たちに問いかけながらの授業です。日本にいるクワガタの種類やクワガタの一生についての説明の後、天敵の存在や、樹液をめぐる争い、そしてペットブームなどにより日本に持ち込まれた外来種のクワガタの影響などを学びました。クワガタについてとても詳しい子供もいて驚かされました。


(2)オオクワガタのすごろくゲームにチャレンジ

 すごろくでオオクワガタが成虫になるまでを学びます。「リタイア」、「スタートに戻る」は野生の世界で死んだことを表現しています。たとえゴールできても、サバイバルカードを引くとそこには過酷な成虫の運命が……。すごろくゲームを通して、自然の中で生き抜くことの厳しさを学びました。

(3)生き物の折り紙工作
 
 クワガタと、クワガタの天敵であるフクロウを折りました。折り上がったクワガタにはしかけをして、木登りをさせます。手先を使う機会が減っているからでしょうか。子供達は、クリップにひもをむすびつけるといった作業に悪戦苦闘。それでも自分のクワガタがするすると登っていくと満足そうでした。

(4)手紙づくり
 最後にオオクワガタへの手紙を書きました。多くの子供が「クワガタの一生がこんなにたいへんだとおもわなかった」「がんばって生きのこってほしい」など、野生のオオクワガタにエールを送っていました。一方で外来種のクワガタには「にほんのクワガタをいじめないで」といったメッセ―ジを書いた子供もいました。

 

【2日目】生物多様性カードゲーム〜オリジナルカード作り(小学3・4年生対象)

(1)外来生物問題を学習
 その土地にもともと生息している「在来生物」と、よその地域や外国から来た「外来生物」を区別し、その「外来生物が起こす問題」を見ていきました。

(2)生物多様性カードゲームにチャレンジ
「MY NATURE」は在来生物側と外来生物側に分かれて対戦する形式のカードゲームです。点数(強さ)のついた「生き物カード」と、人間の行いを表し生き物カードの点数を増減させる「アクションカード」を、お互いに出し合って戦います。ゲームを進めるうちに、「どの外来生物がどの在来生物にとっての脅威か?」「人間のどの様な営みが外来生物をはびこらせてしまうのか?」「どんな活動が在来生物を守ることになるのか」といった人間が生き物に与える影響を自然と学べました。子供たちはあっと言う間にルールを理解して、直ぐに熱中し、「もっとやりたーい」という声も多く聞かれました。

(3)オリジナルカード作り
ゲームで分かったことを踏まえて、緑のアクションカード(在来生物を守る人間の活動)と黒のアクションカード(在来生物に悪影響を与える人間の活動)を考案します。いざ自分で考え出すとなると「難しいなぁ」と感じた子供もいたようですが、発表までには全員作ることができました。

強く効果のあるアクションを考え出そうと取り組むうちに、どんどん学べる楽しい講座でした。

【3日目】海の生物のふしぎ〜魚と貝の解剖(小学4・5・6年生対象)

(1)海の環境や生態系についての学習
 長い年月を経て多種多様な生物が育まれてきた海の環境や生態系について学びます。そして、私たちの食生活を支える魚介類についての理解を深めました。


(2)魚や貝の解剖
.タクチイワシ(煮干し)の解剖
 まず、カタクチイワシの生態や、人間がどのような形で利用しているかを学びました。そして、5〜6人の班に分かれ、解剖シートを見ながら、ひとつひとつ順番に「脳」や「心臓」などの細かいパーツを取り出していきました。特に「さいは」や「えら」は、人間にはなく、魚の特徴的な器官なので、虫眼鏡でじっくり観察しました。


▲▲汽蠅凌綣曽化実験
 アサリは水をきれいにする働きがあると言われています。それを確かめるためにアサリを色水に入れて一日置き、アサリを入れていないものと比較しました。その結果、アサリの入っていた方はだいぶ色が薄くなったことがわかります。つまり、川と海をつなぐ干潟に棲むアサリは川の水をきれいにしているということです。子供たちはその働きを実際に見て、感動の声をあげていました。

アサリの解剖
 解剖図を見ながら、それぞれの器官の説明を講師から聞き、ゆっくりとていねいに解剖していきます。アサリは柔らかくて扱いにくく、解剖は細かい作業であるため、四苦八苦する場面もありました。特に、直径が1mmにも満たない消化管を取り出す作業はたいへん。それでも、最後まで集中して、根気よく取り組んでいました。


(3)まとめ
 解剖を通して分かった、人間とカタクチイワシやアサリ、またカタクチイワシとアサリの相違点を皆が発表。それぞれの生き物がそれぞれの形で私たちの生活の役に立ってくれていることを認識しました。また、世界の水産資源の危機的な状況について説明し、食生活を見直してみることを促して、講座は終了しました。

カテゴリ:平成27年度

投稿日:2016年04月08日

古布で作る手作りふくさ

カテゴリ:平成27年度

投稿日:2016年03月29日

2017年2月28日(日)、品川区環境情報活動センターのセミナールームで「古布で作る手作りふくさ」講座が開催されました。講師は古布を使って作品を作っているグループ「リメイク絆」の南朝子さんほか11名の計12名で講師を務めていただきました。
このグループ「リメイク絆」は、毎年5月に開催されているエコフェステイバルでも作品を販売しており、2012年に結成された手芸が好きな方々の集まりで、毎週金曜日に当センターのセミナールームを拠点に活動されています。(現在欠員はありません)
今回の参加者は23名で、6か所のテーブルに分かれて自由に作品を仕上げました。参加者2名に講師が1名というぜいたくな講座になり、参加者たちはマイペースで作業を進めることができました。

   
6か所のテーブルに分かれました。立っているのは、講師のみなさんです
「ふくさ」の作り方
★材 料:本体の表布・裏布 37僉22僉碧イぢ經泙燹法
片面接着キルト綿(薄手)35僉20
リボン布A 25僉25僉▲螢椒麌曖臓6僉6
★作り方:
布を裁断し、本体表布に片面接着キルト綿を貼る→ここまで準備していただきました
リボン布Aを半分に折って、縫い代0.5僂里箸海蹐鯔イぁ▲螢椒鵑療を作る
返し口(8僉砲鮖弔靴董▲ルト綿を貼った本体表布と中袋布を縫い合わせる
図を参照して、リボンを本体(表)に約0.5僂遼イぢ紊撚昌澆瓩垢
図を参照して、アコーディオンのようにたたみ、縫う
返し口から表に返し、返し口を縫い閉じる
リボン布Bは3つ折りにして2冑の筒を作り、リボン布Aの中心に取り付ける


   
皆さんの作品、布地で印象がかわりますね

今回は古布を再利用して、ふくさを作る講座でしたが、1枚を仕上げだけでは作業手順などは覚えられないので、いろいろな布地で挑戦していただきたいと思います。アンケートに「手持ちの思い出深い布を活用してもっともっと作ってみたい」との記入があり、身の回りにあった布地を大切にしていたことと、それらの布地にまつわるいろいろな記憶がよみがえってきました。

★手持ちの布地で作ってみました。慣れない裁縫で苦戦しましたが、いかがでしょう?

 

カテゴリ:平成27年度

投稿日:2016年03月29日

風力発電機を作ろう!

カテゴリ:平成27年度

投稿日:2016年03月16日

平成28年3月6日(日)、環境学習講座「風力発電機を作ろう!」が開催されました。18組の募集に対し58組の応募があったため、当選組数を26組に増やし、会場を区役所第二庁舎5階に変更しました。講師は蔵前理科教室ふしぎ不思議(くらりか)の杉山仁先生で、同会代表安永隆志先生を含む5名の先生も工作のサポートに加わっていただきました。毎年好評の風力発電機ですが、今年はコンデンサー(蓄電池)を取り入れたバージョンアップ設計に親子がチャレンジしました。

■電気と風について…
家の中にある、電気を使うたくさんの物…。その電力は石炭、石油や原子力、水、太陽、風などから作ることができます。しかし石油や石炭などの化石燃料はいつか無くなってしまいます。今日学ぶ「風力発電」は太陽とも深く関係している「再生可能エネルギー」です。

■風力発電機を作ろう
牛乳パックとペットボトルに、モーター、LED、コンデンサー(蓄電器)などの部品で作製に入りました。

羽根:ゝ軻パック素材の羽根をハサミでカット、羽根を折る。
   中心部分を厚くして、穴をあけピンで固定
回路:5軻パックの土台に、基盤になる両面テープになった青スポンジ、
    銅テープをはる。
   て垣と目玉クリップをアルミテープでつなぐ。
組立:ゥ癲璽拭爾鬟椒肇襪離ャップにずらして固定。羽根をモーターに付ける。
   Ε撻奪肇椒肇襪鯏畋罎侶蠅貿枌屐(*水はおもし)
   LEDとコンデンサーを基盤に固定。同じ色どうしの線をクリップでつなぐ。

■動かしてみよう!
.疋薀ぅ筺爾派を当てると羽根が回転してモーターで発電、LEDが点灯きます。
▲灰鵐妊鵐機爾砲弔覆い任らしばらく風を当てます(=蓄電)。接続を切ってから風を止め、LEDにつなぎなおすと、今度は風なしでコンデンサーに溜めた電気でLEDがつきます。又、つなぎ直さない場合、風を止めた時点でコンデンサーに溜めた電気で羽根が回転します。

■まとめ
 風の無い時でも蓄電できれば風力発電の弱点を補える…!その仕組みが体験できる内容でした。上手く行った人から順番に歓声があがり、全員完成・発電出来ました。また関連してエネルギー、風、太陽、電気のしくみなどたくさんのお話もありました。今日分からなかったとしても、中学・高校で勉強する時に「くらりかで一度やったぞ!」と想い出せる事と思います。アンケート結果も「難しかった」と「面白かった」が多く、「難しい」ことに挑戦するということは「面白い」ことだと言えそうです。親子一緒に出来たことも喜んでいただけました。


               

カテゴリ:平成27年度

投稿日:2016年03月16日

江戸落語に出てくる環境噺

カテゴリ:平成27年度

投稿日:2016年02月12日

 平成28年1月24日(日)品川区環境情報活動センターにおいて、環境学習講座「江戸落語に出てくる環境噺」が開催されました。講師は講演、著述、テレビ・ラジオ出演など多方面で活躍中の江戸文化研究家の菅野 俊輔さんです。
 

   

 落語は18世紀(江戸時代中期)後半に誕生し、19世紀(江戸後期)になって庶民の娯楽として定着しました。江戸時代の咄家は大工の棟梁や櫛職人といった仕事と兼業している人々がほとんど、お客も、職人や小売商といった庶民が中心で、仕事のあとの夜のひと時を楽しめる時間として庶民のあいだに人気が増していきました。本日は品川を舞台とした『品川心中』と品川区に縁の深い『目黒のさんま』の二作品を紹介していただきました。

〔品川心中〕
 舞台は東海道の宿場の一つ、第一番目の宿場町で、非公認の岡場所としても有名な品川宿です。品川宿は目黒川を境に北を北品川宿〔本宿〕、南を南品川宿、そして後に誕生した歩行新宿(かちしんしゅく)の三つから成ります。

 この咄は品川歩行新宿の白木屋の元板頭ナンバーワンのお染の心中騒ぎです。九月の衣替えになると、見世のおばさんや若い者を招いてご馳走をする「移り替え」の行事があります。そのために四十両(現在の640万円)という大金が必要になりますが、今のお染にはそんなお金を集める実力はありません。これでも元ナンバーワンの女の自負がありますから、恥を晒すくらいならいっそ誰かと心中しようと思うようになります。そこで選ばれたのが貸本屋を営む金さんです。一冊いくらで本を貸して行商しますから、とてもお染さんの願いを叶えられるはずもありません。が、好きになった女性の頼み、むげに断れるはずもありません。それでは・・・、という、少々滑稽な話です。

 江戸時代は「買わない、ためない、捨てない・・・少ないもので、人生を思いっきり楽しむ」世界でもまれなエコ社会でした。人々の識字率は高く、19世紀後半の江戸ではほとんどの子どもが手習所で読み書きを習うようになり、本の人気は大変高かったのです。本はすべて手作りのものでしたので、当然価格も高めで、誰でも買えるものではありませんから、貸本屋さんを通して大切に読まれていました。
 江戸時代の日本は大変すぐれた社会で、ゴミさえ循環させる素晴らしい仕組みができていました。江戸での紙の供給は浅草あたりで、紙買いが反故紙や紙くずを買い集め、浅草千住あたりの紙漉き職人などによって再生されます。
本のサイズは小さく薄いものが多く、出版時期はお正月に限られ、名目上、子どものお年玉と称しましたが大人も一緒に楽しんでいたようでした。
  
   
〔目黒のさんま〕
 品川区の「目黒のさんま祭」のイベントの起こりとなったのが『目黒のさんま』です。江戸時代お大名は国元をはなれて江戸にいるときも、時に馬で遠乗りをすることがあります。この咄のお大名は日本橋から2里半(約10辧砲曚匹量楾の地に向かい、野駆けの後、野立て休んでいると、どこからともなく良いにおいがしてくる。聞くと、さんまの焼いているにおいだという。家来に頼んで近所の百姓に譲ってもらった焼きたてのさんまの美味しいこと。「さんまは目黒に限る」と言うお大名。世間とかけ離れた生活を送っている大名の世間知らずを話題とした滑稽話です。

江戸時代の目黒付近(江渡切絵図尾張屋版)より  「為御菜」=おかず番付

 魚介類は、江戸前の内海のみならず、房総あたりからもたくさんの魚類が、日々、江戸の魚市場(日本橋と新場)に届けられました。このお大名が食した秋刀魚は恐らく銚子沖辺りから水路を使って江戸に運ばれたのかもしれません。目黒の百姓は採れた野菜を品川宿の「青物の市場」(青物横丁)に売りに行き、帰りに南品川から目黒川に沿って北に伸びる猟師町で買ったのではないでしょうか。
 江戸時代は現代人が考えるよりもはるかに新鮮で豊富な食材に恵まれ、おいしい食生活を送っていたといえるかもしれません。

 新興都市として誕生した江戸は男性が多く、女性が少なく長屋におかみさんの居る時代ではありませんでした。しかし、18世紀後半の幕府の経済政策によって社会が活性化し、19世紀になるとすべての長屋が二階建てになりました。つまり男が結婚して子どもをもうけるようになります。その子どもたちは成長すると読み書きの手習い、稽古事に通い、当然、仕事を持ち社会進出しました。
 落語は男が語って、男が聞く。登場人物には男性が多くて、一般的に女性はあまり出てきません。『大山詣り』や『芝浜』に登場するおかみさんたちは、非常にしっかり者で、まじめな存在です。江戸時代における庶民の暮らしのなかで、おかみさんの果たした役割が大きく、おかみさんたちが存在することによって、江戸のエコ生活が完成したと言えるでしょう

カテゴリ:平成27年度

投稿日:2016年02月12日

お正月の寄せ植え

カテゴリ:平成27年度

投稿日:2016年01月05日

平成27年12月17日(木)品川区環境情報活動センターにおいて、環境学習講座「お正月の寄せ植え」が開催されました。講師は山草会のみなさんです。
本講座は大変な人気講座で今年度は128名の皆さんにご応募をいただき、抽選で20名の方に参加していただきました。


「梅」は品種がたいへん多く、日本では江戸時代に品種の育成や改良が盛んに行われ、現在では300種以上もあるそうです。分類上は観賞用の「花梅」と果実用の「実梅」に分けられます。また、「花梅」は野梅系、緋梅系、豊後系に分類され、それぞれに特徴があります。野梅系には大きく分けて「野梅性」「難波性」「紅筆性」「青軸性」等がありそれぞれ特徴をもちます。

「野梅性」 原種に近い梅で香りが高く、初心者にも育てやすい
「難波性」 花の香りが良く紅系、さし木可能なものが多い
「紅筆性」 蕾のさきが紅、尖っている
「青軸性」 枝やガクが緑色、蕾も緑白色

使用した植物は「梅」「ヤブコウジ」「笹」の三種です。ヤブコウジは別名「十両」とも呼ばれ、正月の縁起物として、寄せ植えの素材に好まれて使われます。



実習
●植込みの前に鉢に鉢底網と固定針金を装備し、主木を中心に添えを配置して全体の流れ確認しておきます。
● 全体の形と流れが決まったら、主木となる梅を中心よりやや左側斜め後ろ、又は右側斜め後ろに配置します。右側にするか、左側にするかは枝の流れを見て決めます。
● 次に、鉢底網と固定針金を装備した鉢に土を少し入れ、梅の正面を見定め鉢に入れる。梅が鉢より高い場合いは土を少しこそぎ落とします。この時、根はできるだけ切らないように注意しましょう。
● ヤブコウジ、笹を配置します。ヤブコウジはこれからグングン育ちますので、梅の少し後ろに配置します。それぞれの位置が決まったら、全体の形と流れをもう一度確認して針金で固定し、周りを土で固めます。
● 苔はちぎらないで、丁寧に伸ばし湿らせた土の上に押さえつけるようにかぶせます。
● 出来上がったら霧吹きで全体に水をかけます。
● 家に持ち帰ったら、鉢底から水が流れ出るまでたっぷりと水遣りをしてください。



さあできました。先生方のちょっとしたアドバイスと少し手を入れて頂くことで、見違えるほど風情が出ました。それぞれの個性がうまく表現されていてとても素敵です。今年のヤブコウジは少し大きめで赤い実もたくさんついているのでとても華やかです。 梅の香りとヤブコウジの赤い実が新春を迎えるのにピッタリのお飾りですね♪♪


                    
水遣り、剪定、管理の仕方について 
◍ 日当たりの良いところに置く、但し、7,8月の熱い時は遮光ネットなどで遮光する。
◍ 水遣りは表面が乾いてきたら、鉢底から水が出てくるまでたっぷりと与えます。
そうすることで酸素の供給ができ、根が丈夫になります。
◍ 花が終わったら夏場は避けて、リン酸、カリ分の多い肥料を与える。花芽が付きやすくなります。
◍ 梅は花が終わったらすぐに剪定する。剪定の仕方は枝が外側に伸びるように、外芽を残して元から2芽又は1芽のところで切ります。
            

カテゴリ:平成27年度

投稿日:2016年01月05日